ソフトバンクの新テレビCM「5Gって ドラえもん?『のび太登場』」篇が、7月1日(水)から全国で放映されることが分かった。

本作は「SoftBank 5G」と「ドラえもん」がコラボレーションしたCMシリーズで、ブルース・ウィリスがドラえもん役で出演中。そして今回新たに、堺雅人が45歳の野比のび太役で登場する他、15歳の野比のび太役として鈴木福、のび太のパパ役に小手伸也、ママ役に阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子が出演することが発表された。

本CMは、白戸家の隣りにのび太(鈴木)ら野比一家が引っ越してくるところからスタート。白戸家の穴が空いた屋根からタケコプターを付けたドラえもん(ブルース・ウィリス)が登場すると「ホントにドラえもん一家がお隣に?」と喜ぶお母さん(樋口可南子)。アヤ(上戸彩)も引っ越し中ののび太のデスクを指差し、「これ、タイムマシン?」と興奮気味に近寄ると、中から45歳ののび太(堺)が現れる…という内容だ。

■ 堺雅人「こんな日も来るんだ」

今回のび太を演じた堺雅人は「ドラえもんは子供の頃からとても好きな番組だったので光栄です。こんな日も来るんだと。タイムマシンがあったら、当時の自分に教えてあげたいですね。大人になったら、のび太の役をすることになるよと」と喜んだ。

さらに、もしもドラえもんのひみつ道具が使えるなら「『タイムトンネル』とか『タイムふろしき』とか『タイムマシーン』とか、時間を行き来するひみつ道具を使ってみたいですね」と話し、「死んだ人に会いに過去へ行ったり、生まれて来る子どもの将来をのぞくために未来へ行ったり知りたいような、知ると怖いようなところもありますけどね。

自分のことで言うと、どの食べ物に気をつけないとこの病気になってしまうとか、そういうのが詳しく分かりそうです。あの時に食べた物が良くなかったから病気になったとか、あの時に腰をねじったから今も痛いんだとか」とコメントした。(ザテレビジョン)