6月30日(火)放送の「教えてもらう前と後」(毎週火曜夜8:00-8:54、TBS系)では、極上の卵かけご飯や、棋士・藤井聡太も受けた「モンテッソーリ教育」について取り上げる。

同番組は、毎週特定のジャンルのスペシャリストが登場し、まだ世間では広まっていない驚きの知識を伝授していくバラエティー。今回は、3時のヒロインが極上の「卵かけご飯」についてリポートする。

中華の達人・五十嵐美幸シェフが、隠し味に使う調味料を紹介する他、「ホテルニューオータニ」の総料理長・太田高広シェフが考案した「卵かけご飯」を披露するなど、今まで出合ったことのない極上の「卵かけご飯」に、3時のヒロインの食欲は高まるばかり。

■ 夏のマスク生活を快適に過ごす方法

また、夏でも快適に過ごせるマスクの新常識を呼吸器内科の医師が解説。水分補給する際の正しいマスクの外し方、帰宅時の正しいマスクの捨て方などを紹介する。

外食時に会話も食事も楽しむためのオススメのアイテムや、マスクを着用する夏にオススメの熱中症対策となる食べ物も明らかに。

さらに、番組では藤井聡太七段や、マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツなど、世界の名だたる著名人が受けた「モンテッソーリ教育」を日本で初めて取り入れた、神奈川の「マリア・モンテッソーリ・エレメンタリースクール」を取り上げ、同校に通っている生徒が、コロナ禍で自宅学習となった期間にどのように過ごしていたのかを取材。

将来獣医師になりたいという小学4年生、岩石の研究に熱中して地球の謎を探求しているという小学3年生の他、オリンピックの歴史を調べたという小学2年生が登場し、それぞれが学んだ“人生の教訓”を発表する。(ザテレビジョン)