宮藤官九郎、クリープハイプの尾崎世界観、Creepy NutsのDJ松永、小説家の羽田圭介、ライターの武田砂鉄が曜日替わりでパーソナリティを務めている「ACTION」(毎週月〜金曜昼3:30ー5:30 TBSラジオ)で、新型コロナ問題で困っている街の本屋さんを応援する企画「オンラインブックフェア」を5月に実施した。

1週間を通して、各パーソナリティがオススメの本を紹介。リスナーに、各書店の通販や配送システムで注文してもらうこのフェアでは、合わせて611冊を販売した。

そして今回、リアル店舗でのブックフェアが、7月6日(月)〜19日(日)の2週間、実施されることが決定した。対象店舗は、東京・千駄木の往来堂書店、神奈川・横浜の紀伊國屋書店横浜店など、計6店舗となる。パーソナリティがオススメした本に加え、今回はパーソナリティ自身の著書も扱われる。

購入者には、番組オリジナルの栞、パーソナリティ全員のサインが入った、番組からのメッセージカードがプレゼントされる。

また、パーソナリティそれぞれの推薦理由は、YouTubeのTBSラジオ公式チャンネルにて公開されている。

■ 【対象店舗】6店舗

往来堂書店(東京・千駄木)

紀伊國屋書店横浜店(神奈川・横浜)

教文館(東京・銀座)

山陽堂書店(東京・表参道)

大盛堂書店(東京・渋谷)

BOOKSルー・エ(東京・吉祥寺)

■ 【対象書籍】

宮藤官九郎推薦「たましいの場所」早川義夫(ちくま文庫)

「ん!?」宮藤官九郎(文藝春秋)

尾崎世界観推薦「一億三千万人のための『論語』教室」高橋源一郎(河出新書)

「身のある話と、歯に詰まるワタシ」尾崎世界観(朝日新聞出版)

DJ松永推薦「何者でもない」般若(幻冬舎)

羽田圭介推薦「冷血 上・下」高村薫(新潮文庫)

「ポルシェ太郎」羽田圭介(河出書房新社)

武田砂鉄推薦「急に具合が悪くなる」宮野真生子 磯野真穂(晶文社)

「わかりやすさの罪」武田砂鉄(朝日新聞出版)(ザテレビジョン)