お笑いコンビ・ティモンディが、少年野球を協賛しているJA共済とYouTubeでコラボすることが明らかになった。

ティモンディの前田裕太と高岸宏行は、高校野球の名門・済美高校でプレーしていたことから、“野球芸人”として知られている。

そんな2人のYouTubeチャンネル「ティモンディベースボール TV」にて、JA共済とのコラボ企画が実現。

JA共済は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により十分な練習ができず、家で過ごす時間が多い子どもたちのために、自宅でできる効果的な野球の練習方法や、“野球”という絆でつながるメッセージなどを特設サイト「HOME BASEBALL」で発信している。

今回JA共済は、コラボ動画「ティモンディの家事トレ」を、7月1日(水)よりティモンディのYouTubeチャンネル「ティモンディベースボール TV」にて全4回順次公開する。

動画「ティモンディの家事トレ」では、ティモンディの2人が、家事を工夫してできる本格的な野球トレーニング「家事トレ」に挑戦。

「家事トレ」とは、筑波大学の川村卓准教授が監修したトレーニングで、一流のアスリートも取り入れているトレーニングを、家事をしながら実践できるというもの。

ティモンディの2人は、肩甲骨の可動域を広げる「窓拭きトレーニング」投球時のリリース力を高める「買い物袋トレーニング」や、 変化球を投げる技術を磨く「コップ拭きトレーニング」、さらに、股関節の強化と柔軟性がアップする「床拭きトレーニング」に挑戦し、トレーニング後のピッチングやバッティングの変化を検証する。

■ ティモンディ・前田裕太と高岸宏行コメント

――実際に「家事トレ」を体験してみていかがでしたか?

前田:やっぱり、家事ってそもそも大変なんだなというのを実感するのも当然なんですけれども、そこをちょっと工夫しただけで野球に応用できるみたいなところは、何でもちゃんと考えれば応用できるんだなというのは感じたね。

高岸:グラウンド以外でもこんなところに練習方法、成長する種が落ちているんだって、本当に感動しました!

前田:いわゆる監督さんとか、各チームの指導者の方に教えてもらう練習法以外でも、自分で考えて、それこそ(家事を)手伝いながらとか、何かをしながら、その中で自分のためになる練習法みたいなものが、多分もっといっぱいあるんだろうなというも実感したので、引き続きもし今後機会があったらおうちの方を手伝いながらとか、自分のことを成長させていくプラスアルファで何かできるようなものがあったら紹介していけたらいいね。

高岸:野球だけじゃなくてもいろんなチャンスだったり、成長のヒントがいろんなところに落ちていると思うので、センサーを張っていきたいなと思いました。

――この動画をご覧になる、野球を頑張る子どもたちへのメッセージをお願いします。

前田:今の時期、とても環境的に、僕らの小さい頃と比べるとなかなか大変だとは思いますけれども、今後良くないことが起きたりとか、環境(が原因)でいろいろ引っ越ししちゃったりとか、自分の環境でやれることが限られちゃったりすることってたくさんあると思うので、その中で何ができるのかが大事だよね。

高岸:今は少し制限されているなと思うかもしれないですけど、このように、JA共済さんみたいに少年野球全体を盛り上げようとしてくれている方たちがいっぱいいます。みんなは1人じゃないんで、今できることをしっかり考えて、ベストを尽くしていってください。みんななら、やればできる!(ザテレビジョン)