関西在住の5人組アイドルグループ・たこやきレインボーが7月8日(水)にニューシングル「恋のダンジョンUME」をリリースする。「もっともっともっと話そうよ -Digital Native Generation-」以来、およそ8か月半ぶりの新作。タイトルだけでなく、歌詞やメロディー、MVすべてがインパクト強く、一度聴いたらクセになる楽曲に仕上がっている。

待望の新曲のこと、そして新型コロナウイルスの影響で自粛していた期間の出来事について、清井咲希、堀くるみ、根岸可蓮、春名真依、彩木咲良に聞いた。

■ メンバーは“たこ虹ハウス”で共同生活

――新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続いていますが、どんな風に過ごしていますか?

堀:私たちは共同生活をしていて、“たこ虹ハウス”って呼んでるんですけど、そこから「たこ虹の家にいるTV」というタイトルでYouTube配信をしています。みんなでご飯を作って、配信を観てくださっている皆さんと一緒にご飯を食べて。そういうのは共同生活しているからこそできたことかなって。そう考えたら、みんなで一緒に住んでて良かったなって思いますね。

春名: 6月に入ってからは「たこ虹の家にいるTVリターンズ」に名前を変えて週1回の配信になったんですけど、4月と5月はほぼ毎日配信してたもんね。「毎日やっててすごい!」っていろんな人に言ってもらえましたし、アイドルならではの可愛い感じじゃなくて、素の感じが観られるのも好きっていう方もいてくれて(笑)、その声が新鮮でした。

清井:ホント、たくさんの反響がありました。私たちは普段の生活に近い感じのことしかしてないんですけど(笑)。

堀:この「家にいるTV」でたこ虹を知りましたとか、たこ虹にハマりましたって言ってくださる方もめっちゃ多くて、ホンマにやって良かったなって思ってます。

根岸:ご飯を食べたり、喋ったりしてるのを喜んでもらえてうれしいです。

春名:「リターンズ」になってからの1回目は、1週間のブランクがあったので「どんな感じでやってたっけ?」ってなりました(笑)。ほぼ毎日配信してたので1週間が長くて。画面の向こうの皆さんに話したいことが溜まってたのでめっちゃいっぱい話しました。

彩木:そうそう、話したいことが増えました。

――そんな「たこ虹の家にいるTV」の中で曲を発表されてましたね。作詞・作曲は彩木さんが。

彩木:はい、私です! 自粛期間中、みんなで過ごす時間もより多くなったので、そういう気持ちを歌にできたらいいなと思って、「一緒に帰ろう」という曲を作りました。

堀:配信の中で咲良がギターを弾いてこの曲をみんなで発表したんですけど、虹家族さん(ファンの総称)から「感動して涙が出た!」とか、ものすごい反響があって、心に響くものがあったんやなってすっごくうれしかったです。

根岸:日常生活の中で感じていたことが歌詞に書かれてたりするので、歌詞をじっくり読みながら聴くと暖かい気持ちになれるんです。

春名:ファンの皆さんに会う機会が無くてさみしかったんですけど、この曲があったことで心が通じ合えて、近づけた気持ちになりました。

■ ニューシングルは「中毒性のある曲」

――そして、ニューシングル「恋のダンジョンUME」も7月8日にリリースされます。

清井:はい! 一度リリースが延期になったんですけど、やっとリリースできるのがうれしいです!

――タイトルも曲もすごくインパクトがありますね。

清井:最初、歌詞を見ずに仮歌を聴いた時は「聴きやすい曲だな」って印象で、スーッと入ってくる感じでした。

堀:うん。70年代とか80年代っぽいディスコサウンドだったので「キャッチーやな」って。でも、歌詞を読んでみたら恋愛ソングだけど普通の恋愛ソングとは違っていて、読めば読むほど深読みしてしまう感じでした(笑)。

彩木:最初は歌詞をあまり深読みせずに、CMJKさんが豪華にアレンジしてくださったサウンドを聴いて「あぁ、この音いいなぁ」とか音を楽しむ感じでした。でも、歌詞をちゃんと聴いてみると、私も「ん!?」って(笑)。

春名:メンバーと話した時も「これ、どういう歌詞なんやろ?」って、それぞれの印象や感想が違っていて、それも面白いなって。

根岸:私はタイトルに“ダンジョン”っていう言葉がついていたこともあって、最初に仮歌を聴いた時からダンジョンゲームが始まったようなワクワクした気持ちになりました。歌詞に出てくるUFO(未確認飛行物体)とかUMA(未確認生物)とかが“敵”やと思って、ミステリアスな内容だなって解釈してたんです。メンバーと話してみて、恋愛の曲だと気付きました(笑)。

堀:覚えやすいメロディーで、一回聴くと頭から離れなくなるぐらい中毒性のある曲やと思います。

春名:聴けば聴くほど味が出てくるスルメ曲です! ノリノリでわちゃわちゃした感じもあって大阪っぽいなって思いましたし、ライブ会場で歌ってる様子も頭に浮かびました。いろんな音が入ってて楽しいサウンドになっているので、そこにメンバーの表情豊かな歌声が入ったらもっと楽しくなって、もっと皆さんに楽しんでもらえるんじゃないかなって思ったので、レコーディングでは声に表情が出るように意識しました。

■ 新曲のモチーフは大阪・梅田!?

――タイトルの“ダンジョン”と“UME”という組み合わせは、大阪や関西在住の人たちはやっぱり“梅田”を思い浮かべたりするんですか?

全員:おぉ〜!

春名:すごい! 実はそうなんです!!

堀:大阪の梅田にある地下街は大きくて入り組んでいて、ダンジョンみたいに複雑なんです。その地下街の複雑さと恋愛の複雑さをかけた曲になっています。だから、「UME」は梅田の“梅(UME)”にもなりますし、“あなたと私”という意味の”you & me“にもなるんです。

堀:“地下鉄で”とか“工事中で彷徨う”とか、まさに梅田地下街を想像しながら聴ける部分があるんです。梅田地下街で工事があると、その道しか知らないので本当に困るんですよ(笑)。

清井:身近な場所なんですけど、迷っちゃいますね。

彩木:東京にも大きな地下街があると思うんですけど、スッキリしてるイメージなんです。でも、梅田は複雑でやっぱり雰囲気が違います。

堀:うん、身近なのに全貌が掴めてないというのも恋愛っぽいですよね。

――MVはMVで独特の世界観が。

清井:私たちがギターのアンプの擬人化をされていて、雪男が出てきます。

堀:最初、「どういうこと?」ってビックリしました(笑)。未確認生物の雪男さんがギターを弾いて、私たちがその音を表現するという映像になってるんですけど。

彩木:ファンタジー感があります。

堀:短編映画みたいな作品になってるんじゃないかなって思いますね。

春名:衣装も気に入ってます。前作の「もっともっともっと話そうよ -Digital Native Generation-」はパステルカラーの明るい衣装だったんですけど、今回はヴィヴィッド系の色で光沢のある衣装なので大人っぽい感じになってます。あと、近未来感のあるスペイシーな衣装もあるので、それぞれ違う雰囲気を感じてもらえると思います。

――カップリングの「プレイバックス」もいい曲ですね。

春名:AメロとBメロの歌詞は日常を過ごす中での憂鬱とかが描かれているんですけど、サビになると一気に開ける感じで、そのサビの疾走感、爽快感が好きです!

清井:この曲はまだ人前で歌ったことがないんです。7月上旬のイベントで初披露する予定です。

春名:この曲、みんなでできる振り付けがあるんですよ。両手をグーにして、親指を自分から見て右側に出します。それを曲に合わせて右、左、右、左、ってクルクルさせるんです。言葉で説明するのは難しいんですけど、見てもらえばわかると思うので。

清井:難しくないのでぜひぜひ!

■ 「なにわンダーランド」の思い出を振り返る

――ライブと言えば、UFO盤に去年の12月に東京・中野サンプラザで行った「なにわンダーランド2019〜Joy to the World〜」の映像が収録されています。もう半年近く経ちますが、ちょっと振り返ってもらいましょう。

清井:えぇ、もう半年!?

春名:早〜い! あぁ、楽しかったなぁ。サブタイトルの“Joy to the World”に合わせて、クリスマスっぽい演出を取り入れたり、ちょっと可愛らしい夢見がちな世界観を作ったりしたので、その世界観に没入していくのが楽しかったです。

堀:“なにわンダーランド”は、毎回コンセプトを決めて行う恒例ライブなので、この日だけしか見られないステージになっています。

彩木:今回は本編を16曲ノンストップで。

根岸:16曲ノンストップだったけど、世界観に入り込んでいたのであっという間に感じました。ちゃんと自己紹介したのもアンコールの時だったんです(笑)。

堀:衣装チェンジが大変だったけどね(笑)。

春名:でも、幸せを感じるライブでした。

清井:観に来られなかった方にも映像で見てもらいたいです。

■ コロナ終息後はファンと「お久しぶり会」を開催!?

――まだすぐにはライブができない状況だと思いますが、新型コロナが終息した後、今どんなことをやってみたいですか?

堀:やっぱり一番は“ライブ”ですね。近い距離でみんなの顔を見てパフォーマンスをする。それが一番の楽しみです!

根岸:私もライブ。地方にも回って、たくさんの虹家族さんに会いに行きたいです。北海道から沖縄まで、全部回ってたら時間がかかりそうですけど(笑)、関西にあまり来られない方のためにも私たちから会いに行けたらいいなって。

彩木:私はまたファンクラブツアーがやりたいです。この前、キロロリゾートでファンクラブツアーをさせていただいたのがすごく楽しくて。ファンの方とご飯を食べたり、一緒にスキー場で滑ったり、めちゃめちゃ楽しかったんです! 落ち着いたらまたやりたいな。

春名:私は「お久しぶり会」みたいなのがしたい! 特典会もちゃんとやれてない状況が続いているので、ライブもあり、お話しする時間もあり、いろいろ盛りだくさんな会を開きたいです。

清井:それ楽しそう! 一気に距離が縮まりそうだよね。でも、まず今は、今だからできることもたくさんあると思いますので、いろんな形で私たちの思いを届けたいです。

春名:今、私たちができることを、私たちができる方法でお届けしたいと思っているので、ライブができない分、もっともっと自分たちから発信していきます!(ザテレビジョン・取材・文=田中隆信)