名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が、7月18日(土)、19日(日)に開催されるマレーシアのイベント「JAPAN EXPO MALAYSIA 2020 GOES VIRTUAL」に出演することが決定。インドネシアで活動しているJKT48と共にSPコラボパフォーマンスを披露することが発表された。

「JAPAN EXPO MALAYSIA」は、マレーシア・クアラルンプールで毎年開催されている、会場が日本一色に染まるオールジャパンイベント。

昨年はクアラルンプールの中心に位置する商業施設「Pavilion KL」にて行われ、AKB48をはじめとする70人以上の日本人アーティストが出演。日本旅行、日本製品、日本食等のブースが出展するなど、マレーシア国内や近隣国から、3日間で延べ18万人以上の参加を記録する、マレーシア最大の日本イベントとなった。

今年は“ニューノーマル”(新常態)を受け入れ、社会的距離を維持するという呼び掛けに沿って、出展者、アーティスト、スタッフ、観客の安全を第一に考慮し、アジア初のバーチャルオールジャパンイベントとして開催。

SKE48からは井上瑠夏、荒井優希、江籠裕奈、古畑奈和、熊崎晴香、佐藤佳穂が出演し、JKT48とのライブは18日(土)に行われ、「JAPAN EXPO MALAYSIA 2020」公式サイトにて配信。誰でも無料で視聴可能となっている。

さらに、スペシャル企画として、ライブ後には「SKE48 スペシャルトークライブ配信」(18日[土])の開催も決定。ビデオ会議ツール「ZOOM」を使用してSKE48メンバーとの交流を楽しむことができ、このチケットは7月2日(木)正午(日本時間)より販売受付が開始される。(ザテレビジョン)