モーニング娘。'20、アンジュルム、Juice=Juice、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSといったハロー!プロジェクト所属アーティスト52人がソロパフォーマンスを披露する「Hello!Project presents…『ソロフェス!』」が、7月4日(土)にCSテレ朝チャンネル1でオンエア。

さらに、その舞台裏に迫った「Hello!Project presents…『ソロフェス!』舞台裏密着特番」が7月20日(月)、BSスカパー!で放送される。

先日、東京都内某所で収録が行われた「Hello!Project presents…『ソロフェス!』」。ハロプロのメンバーたちは、視聴者からのリクエストを参考にして本人自ら楽曲を選定。優勝者に与えられる“テレ朝チャンネル1で冠番組を持つ権利”を懸けて渾身のソロパフォーマンスを披露した。

モーニング娘。'20の15期メンバーとして加入して1年がたった北川莉央は、どこか懐かしさを感じるメロディアスな曲に挑戦。特技のフルートを生かして、堂々たるステージングを見せる。

「歌もダンスも得意ではないので、王道のアイドルソングを…」と話していたアンジュルムの上國料萌衣は、本人が抱える不安を感じさせないほど圧巻かつ、ピュアなパフォーマンスで魅了。

Juice=Juiceからの卒業を発表している宮本佳林は、表現力と楽曲の歌詞が相まって“卒業”を感じさせる切ないステージに。

キレのあるダンスに定評があるつばきファクトリー・山岸理子は、研修生時代から「いつか挑戦してみたい」と憧れていたパフォーマンスに挑戦。普段のおっとりしたイメージを覆す、妖艶なステージングを見せる。

BEYOOOOONDSの小林萌花は、アイドルの王道といったかわいらしく鮮やかな曲で、ピアノ演奏を取り入れた、彼女の音楽に対しての幅広さをあらためて感じさせてくれるステージングを披露した。(ザテレビジョン)