KAT-TUNの中丸雄一が構成・演出を手掛ける「中丸君の楽しい時間4」の上演が決定。2020年9月5日(土)〜8日(火)に大阪・サンケイホールブリーゼ、9月15日(火)〜10月4日(日)に東京グローブ座にて行われる。上演に向けて、中丸からのコメントも到着した。

■ 約一年半ぶりとなる「中丸君の楽しい時間」シリーズ

2008年の第一弾では、企画が決定した段階で「自分らしい楽しさ」にこだわる本人たっての希望で、構成・演出を自らが手がけるセルフプロデュース公演として上演。コント、パフォーマンス、一人大喜利、質疑応答大会、某番組のパロディ、得意のヒューマンビートボックスや新曲の披露など、中丸のさまざまな要素と魅力を詰め込んだ90分を展開した。中丸自身も「自分の理想に近いものを作ることができた」と、公演は大好評を博した。

そして、2017年上演の第二弾では、第一弾とは違った、中丸がその時にやりたかったことを全て盛り込んだ“楽しい時間”を届け、2019年の第三弾ではこれまでの経験をふまえて今までよりも緻密に作りこみ、プロジェクションマッピングや映像などを駆使して、スタイリッシュかつシュールな世界観に磨きをかける。どれもその時の“中丸らしさ”を凝縮した作品となった。

■ 「中丸君の楽しい時間4」の内容は?

今回も中丸のやりたいこと、興味のあることをぎゅっと詰め込んだ内容に。さらに、今の時代ならではの「新しい生活様式」を取り入れたコーナーなど、時勢に合わせた内容も盛りこみ、より進化しパワーアップした公演となる。

また、前回の第三弾公演で話題となったB-1グランプリ(ブラホック外し)に代わるチャレンジ企画も実施予定。どんなチャレンジに挑むのか、公演を重ねるごとにどこまで中丸が記録を更新していくのか、今年も期待が高まる。

■ 中丸雄一コメント

約一年半ぶりに一人舞台をやります。打ち合わせはすでに何度かしており、大まかな内容が決まりつつあります。

今作も前回と同様に、コントと映像パフォーマンスがメインのオムニバス舞台です。

難しいストーリーは一切無く、脳に程よいリラックス効果のある舞台になる予定です。様々なテクノロジーを融合して、不思議な空間を作ろうと考えていますが、まだ打ち合わせ段階なので、どうなるかは会場でぜひ確認していただきたいと思います。それまで楽しみに待っていてください。

コロナの影響でどのような形で開催できるのか模索中ですが、感染予防対策を徹底して、安全第一の楽しい舞台を作ることを目指します。

中丸雄一(ザテレビジョン)