ドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の主演を務める安斉かれんのニューシングル「僕らは強くなれる。」が、7月22日(水)にサブスクリプションでリリースされることが決定した。合わせて、ミュージックビデオのショートバージョンが公開された。

同曲は、安斉が入部していた吹奏楽部での経験を思い起こし、挑戦し続ける人々の日常を讃える応援歌として誕生。

安斉は父親に連れられて観に行ったザ・ローリング・ストーンズのコンサートが音楽の原体験の一つだそうで、そこで心奪われたサックスの音色に憧れ、吹奏楽部に入部したという。

そんな安斉のアイデアで、当初シンプルなバンドサウンドだった同曲に、ブラス(吹奏楽)アレンジが加えられた。ブラスパートの演奏には、関連動画のYouTubeでの総再生回数1億回以上を誇る「京都橘高校吹奏楽部(全日本マーチングコンテスト金賞受賞)」が参加している。

このコラボ企画の始動は、2年前の2018年夏にさかのぼる。管編曲における日本の第一人者でもある村田陽一氏のアレンジと指導の下、1年以上に渡るレッスンをへて完成した。間奏部分では、安斉もソプラノサックスを演奏している。

ミュージックビデオには安斉のサックス演奏シーンや、息の合ったパフォーマンスを見せる同校吹奏楽部とのコラボレーションなどが収められている。

■ 安斉かれんコメント

実は「僕らは強くなれる。」というタイトルだけでは不十分で

「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」

という歌詞が、本当に伝えたいメッセージです。

私自身も、吹奏楽部だった時に、

楽しい事も悔しい事も経験しました。

もっと色んなことに挑戦して頑張らないと!ですが、

結果は成功でも失敗でも、まずは挑戦すること!って

すごく大切だと、私は、思えるから!

破いたページの分だけ

「僕らは強くなれる。」

ぜひ、聴いてください。(ザテレビジョン)