お笑いコンビ・ミキが7月1日、スマホ決済サービス「PayPay」の新キャンペーン発表オンライン記者会見に出席した。

会見では「PayPay」に関するさまざまな新しい取り組みについて発表。8月から開催される「まちのお店でペイペイジャンボ」(8月3日[月]〜8月31日[月])、「3000万ユーザー突破記念!大感謝ジャンボ」(8月1日[土]、2日[日])、「PayPayピックアップデビューキャンペーン」(8月17日[月]〜9月30日[水])といった、キャンペーン内容が公表された。

また、7月1日より全国230万カ所以上、3千万人以上が利用する「PayPay」を活用し、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている地域経済の活性化をサポートする「あなたのまちを応援プロジェクト」がスタートすることも発表され、ミキはその応援団として登場。

会見ではオンライン上で各県の市長が登場し「PayPay」を活用したキャンペーンの詳細について説明した。

“6月8日〜8月16日(日)までPayPay残高支払いで30%戻ってくる(※付与上限1000円相当/回、5000円相当/期間)”と発表した静岡・掛川市の松井三郎市長に、昴生が「静岡っていったら、“さわやか”っていうお店のハンバーグ!ぜひ、PayPayで食べたいですね! いつもいっぱいなんですよ(並んでいる)、どうにかなりませんかね?」と直談判する場面も。

その後も兄弟そろって「わんこそばを食べたい!」「唐津バーガー食べてみたい!東京にも店出してください!」と各市長の話に続き、その地のおいしいものを口々に挙げていた。

また、会見後には地元・京都の話題に触れ、「八つ橋をPayPayで買わせていただきたい」とアピールした昴生。

一方、亜生は「買えるものであれば、すべてPayPayで!財布を持ち歩かなくなっている」とも明かし、キャッシュレスの便利性についても触れた。

そして最後に記者から2020年下半期の抱負について聞かれ、昴生は「上半期はコロナの影響で仕事があまりできてなかったですけど、下半期、『PayPay』の(宮川)大輔さんのポジションを取りに行きたいです!」と話し、笑いを誘った。(ザテレビジョン)