6月30日深夜放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)に、俳優の山下真司が登場。自身が長年抱えるコンプレックスを、司会の笑福亭鶴瓶にあっさり認められる場面があった。

鶴瓶から「なんでそんなポッポッポッて言ってしまうようになった?」と問われた山下は、「あのね意外と、昔からコンプレックスだったんだけど…。芸能界に入って、やっぱりこう強がって、『俺はできるんだ!』って見せていかなきゃいけないっていうのをまず教わったんで。まぁそれなりに頑張ったんだけど、やっぱり子供の頃から引きずってるものは、なかなか覆せないですね」としみじみ語り、

「どういうコンプレックスやねん? 顔もええし、背も高いしやね」と鶴瓶に聞かれると、山下は「いやいやいや、頭が良くないでしょ…」と言う。

すると鶴瓶は笑いながら「まぁそれはそうやな」とあっさりこれを認め、山下が「はぁ?」と怪訝な表情を浮かべると、鶴瓶は「そこがええんやろ!」とすかさずフォロー。スタジオの笑いを誘った。

次回の「巷(チマタ)の噺」は7月7日(日)深夜0:12より、ゲストに「さかなくん」を迎えて放送予定。(ザテレビジョン)