7月1日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに真矢ミキが登場。TOKIOメンバーとともに、SHELLYら女性たちの悩みにアドバイスを送った。

現在36歳、半年前に離婚をしたSHELLYは、新しい恋にどのように出会えばいいか悩んでいるという。積極的に出会いを求めるか、良い出会いのがあるのを待つのか、という選択肢で、真矢は後者を勧める。自身の経験を踏まえ、30代の恋はノリだけでなく、将来の展望なども考えるので、自然に任せる方がいいのではとアドバイス。長瀬智也も「積極的になりすぎて、自分が見えなくなってしまうのはよくない年齢」と話す。

そんな中、真矢は夫のバレエダンサー西島数博との結婚までの経緯を明かす。舞台共演をきっかけに出会い、10年くらい友達関係で、真矢は西島のことを一度も男性として意識したことはなかったが、あるとき、西島の方から付き合おうと言われたという。真矢はそのとき「友達として一瞬、裏切りを感じた」とも言う。SHELLY自身は友達から恋人に発展した経験がないが「大人になってくるとそういう恋愛もあるのかな」と納得する。

男女の友情について松岡昌宏は「あり得る」と断言するも、男性側に「100%下心がないっていうのはウソ」と言う。35%ぐらいの下心が何かをきっかけに、いきなり70、80%になることもあると説明。ただ長瀬が島崎和歌子のことはどう思っているのかと聞くと「和歌子はゼロ」と言い、国分太一から「ゼロもあるんじゃん!」とツッコミを入れらる。

相談を経てSHELLYは、恋に積極的に向かって行こうと思っていたが「ちょっと冷静になった」と振り返った。

SNS上では「真矢さんは明朗快活でいいなぁ」「アドバイスの仕方がとても上手」「男女の友情はありえません」などと、真矢の回答に感心するコメントや、自身の意見投稿をするコメントなどが見られた。

次回の「TOKIOカケル」は7月8日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに薬丸裕英が登場する。(ザテレビジョン)