7月5日に放送された「ボクらの時代」(フジテレビ系)に杉浦太陽・辻希美夫妻、北斗晶・佐々木健介夫妻がリモートで登場。北斗の子育てエピソードに大盛り上がりとなる場面があった。

昨年、北斗の息子の学校でハロウィンイベントがあったといい、その際に次男から「和の怖いお化けをやろうと思うんだ」と仮装の提案が。

北斗は「(衣装を)お金を出して買わなきゃいけない訳だから」と話し、どういう衣装か分からないから具体的に教えてほしいと次男にお願いしたという。

すると、息子が「こういうのをやろうと思う」と検索した写真を見せてきたが、その写真が般若の面をかぶった現役時代の北斗だったという。

■ 哺乳瓶から木刀へ

驚いた北斗は「これ、誰だか知っているのか?」と思わず笑ってしまったが、息子は分かっていなかったとのこと。次男が産まれる前に北斗は現役を引退していたと話し、ここから現役時代の北斗の話に。

長男を産んだ後も現役を続けていたという北斗。しかし、女子プロレスラーは結婚しちゃいけないという当時の不文律もあり、子どもを連れて試合会場へ行っていることに対して周りから批判もあった。

北斗は「私は、この道って決めた道を何を言われてもって進んだんだけどね」と振り返り、当時は「試合寸前までミルクを飲まして、哺乳瓶を置いて木刀に持ち替えて(試合に)行くっていうね」と笑い、この話に杉浦も「すげー!たくましいお母さん」と感心しきりだった。

視聴者からは「北斗晶好き」「すてきすぎるよなー」「北斗晶リスペクト」「朝からいいはなし」など、数多くの反響が寄せられていた。

次回の「ボクらの時代」は、7月12日(日)放送。中村勘九郎、中村七之助、駿河太郎が登場する予定。(ザテレビジョン)