土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)最終回の興奮冷めやらぬ7月4日深夜に配信スタートしたスピンオフ作品「L 礼香の真実」(ABEMA)。6話では、中川梨花演じる高校時代の礼香の壮絶な“仕返し”シーンが視聴者を震え上がらせている。(※以下、「L 礼香の真実」6話までのネタバレを含みます)

■ 礼香、マドンナ・ルイにロックオン!

「L 礼香の真実」は「M 愛すべき人がいて」で異彩を放つキャラクター、“眼帯秘書”姫野礼香(田中みな実)の“マサ”(正幸)への初恋を綴るスピンオフ作品。

1話あたり10分弱のショートエピソードで、鈴木おさむが脚本を担当。ABEMAプレミアム会員限定で1話から4話までが6月27日から、5話から7話までが7月4日深夜から配信されている。

第6話では、礼香の初恋に新たな邪魔者が出現した。

学校のマドンナ・ルイ(紺野彩夏)が礼香に「あたし最近彼氏と別れてさ、マサのこと狙ってんだよね」と宣戦布告。礼香を力いっぱい突き飛ばし、礼香がマサのために作った弁当がぶちまけられてしまった。

礼香の目に怒りの光が宿った。ルイを屋上に呼び出し、「あのさ、さっきはごめんね」「仲直りの握手しよう、はい!」と手を差し出した礼香。だが、その手にはべったりと瞬間接着剤が塗られていた…。

■ 礼香「もう離れないよ!?」狂気に戦慄!!

「これねぇ、強力な瞬間接着剤!今ね、あたしとあなたの手をくっつけたの」と、あり得ない仕返しに出た礼香。

「離れて!!」と怯えるルイに「もう離れないよ!?私はね、正幸くんのこと好きだよ!すごく好き…あなたより好き…。でもわからないと思うから、わたしと顔もくっつけて一緒になればわかるかなぁ!?」と叫び、狂気のあまり笑みをこぼしながらルイに迫った。

「M―」本編を上回る礼香の狂気あふれる“仕返し”に、視聴者からは「怖すぎる…!!」「狂ってる!!」「これはヤバいやつ…ガチでホラー」「夢に出てきそう」と恐怖の声が次々と上がっている。(ザテレビジョン)