佐藤アツヒロ主演舞台「YARNS(ヤーンズ)」が、10月7日(水)〜11月8日(日)に東京・浅草九劇にて、11月21日(土)〜23日(月・祝)に大阪のシアター・ドラマシティにて上演することが決定した。

本作は、鈴木勝秀の脚本・演出による会話劇。カウンセリングを受けに来る“精神的に少し疲れた現代人”と、その患者の話を聞くカウンセラーの静かな会話で物語が進んでいく。

患者は記憶の糸を手繰りながら、自分の過去を物語、無意識の中に眠る真実に向き合っていき、最終的に未来から差し込んでくる光を感じていくというストーリーだ。

■ 佐藤アツヒロ、見知らぬ女性を夢見る患者役に

主演を務める佐藤は、本作が鈴木との6回目のタッグとなり、見知らぬ女性を夢に見て苦しみカウンセリングを受けに来る患者を演じる。さらに、夢の中に出てくる詩人の男を鈴木裕樹が、精神科医ランバシの息子・トオルを、2.5次元舞台などを中心に活躍の場を広げている前田隆太朗と大山将司がWキャストで演じる。

また、精神科医・ランバシは中村まことと、劇団「花組芝居」主宰の加納幸和がWキャストで出演する。

今回、上演するにあたり新型コロナウイルス感染予防対策として検温や消毒を行い、アクティングエリアと客席の距離をとる、舞台と客席間を透明素材で区切る、観客同士の間隔を確保する、役者は地声ではなくマイクを通す、上演中に搬入口を開けたままとする、役者同士も距離を保って演技を行う、ロビーも密を避けるために公演パンフレットなどはオンライン販売を行うなどの対策を実施する予定だ。

■ 佐藤アツヒロ「舞台上で表現できることを幸せに思います」

今回の出演にあたって、再びスズカツ(鈴木勝秀)さんの世界観を体感し、舞台上で表現できることを幸せに思います。スズカツさんとは、今までの作品を通していろいろな価値観を共有し、物の捉え方や感じ方に僕は常にワクワクドキドキしていました。

これまでも、ほとんどセッションのような、その場その場で起こる物語を体感し表現してきたので、今回も二組のダブルキャストや、物語の軸となる深層心理によって、何が起こるかわからない新たに濃い演劇的セッションが生まれることがとても楽しみです。

自分自身の中にあるスズカツさんへの思いと、共存し合う価値観、そして更なる探究心を持ち、このキャストで新たなスズカツワールド「YARNS」に挑みたいと思います。そしてこの新しいスズカツワールドに挑戦してスズカツさんがニッコリしているところを見たいです。(ザテレビジョン)