2020年で9年目を迎える「ミスiD」より、デジタル写真集の5週連続リリース第3弾、あむの「ネコになりたい。」が8月7日夜0時より発売される。

ミスiD実行委員長の小林司が「サムシングを感じさせる女の子」として、あむのために特別に作ったのが「ミスiD2020」 it girl賞。「エバーグリーンではないけど、時代の刹那でしかない人の心をざわつかせる女の子=it girl」と激賞した逸材。

ネコが大好きなあまり「ネコになりたい」と願い続けた少女は、夢の中でついにそれが実現する。そして目が覚めた彼女は…というストーリーが垣間見える内容となっている。

室内で優雅に暮らす白ネコや夜の路地裏をさまよう黒ネコなど、シーンに合わせて七変化するヘアメークや表情、そしてネコらしい仕草にも注目だ。

■ あむ コメント

ミスiDに出る前は本当に名も知られてない大学生だったので、「単独写真集発売決定!」という文字面にまだ不思議な感覚です。「ミスiDって受けたら何になるの?」と聞かれることが多いですが、正直、本当に目まぐるしく変わった気がします。

初めてお会いする方に自己紹介をすると、「あぁ、ミスiDの!」と言われることが多いですし、憧れだった遠い存在の方々と直接関わる機会が増えました。

そして今回、元パンピが講談社から写真集を出させていただきます……。「あむ、成長したな」という目線で写真集をぜひ見ていただきたいです。気持ち的にはずっと、フォロワー1,500人なんですけどね(笑)。

今回撮影した場所のひとつがめちゃくちゃ雰囲気のある古民家で、テンションが上がったのを覚えています。縁側があって、ネコじゃなくてもそこでゴロゴロしたいと思いました。

写真集撮影は初めてだったのですが、ナチュラルな動きや柔らかい表情を求められることが多く、キメたポーズを取るだけではダメなので最初は少し戸惑いました(笑)。でも、スタッフの方たちが優しく見守ってくれ、カメラマンさんが絶妙な瞬間をうまく写真におさめてくれたので、超カッコよくてかわいい写真集になりました! 謝謝。

白のワンピースを着た白い家ネコちゃんは、特にリアルなネコ感があって好きです。裕福な家庭でのんびり気ままに暮らすネコちゃんのイメージ。

また、黒ネコのシーンは華やかなキラキラした衣装で、裏路地を風靡する野良ネコをイメージしながら撮影しました。看板やネオンが雰囲気に合っていて、ダークでかわいくていちばん好きなカットです。(ザテレビジョン)