8月8日(土)放送の「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)にに、歌舞伎俳優の尾上松也が出演する。現在、話題のドラマ「半沢直樹」に出演するほか、「ロミオ&ジュリエット」や「メタルマクベス」など、本格的なミュージカルにも出演。最近では、バラエティー番組にも積極的に出演し、歌舞伎の枠を越え幅広く活動している。

そんな松也は、5歳で初舞台を踏むと名子役として成長。12歳までに国立劇場特別賞を3度受賞したほか、歌舞伎座賞も受賞した。番組では、父の襲名披露で急遽舞台へ上がることになった子ども時代の貴重映像を紹介。初めての舞台で、松也を襲ったハプニングも明かされる。

■ 20歳で迎えた人生の岐路

子役時代から順風だった松也の歌舞伎俳優人生は20歳の時、後ろ盾だった父・松助さんが亡くなり大きな岐路を迎える。「いつでも聞けるとか、そういう安心感があった。いなくなったら突然何もわからなくなって、どうしようって不安に駆られました」と松也は当時を振り返る。

そんな息子を底抜けの明るさで支えた元女優の母・河合盛恵からのVTRを交えながら、「もがくしかないという気持ちで色んなことをとにかくやりました」という苦悩の時代を回想。“30歳になるまでに結果が出なければ全てをやめよう”とリミットを設け、励んだ、知られざる苦労を告白。また、歌舞伎界の先輩たちと共演中のドラマ「半沢直樹」の撮影秘話も語られる。(ザテレビジョン)