アニメ「銀魂」の劇場版第3作のタイトルが「銀魂 THE FINAL」に決定。2021年1月8日(金)から全国の映画館で公開されることも決まり、特報が解禁となった。

話の途中で突然終わるという前代未聞の暴挙でラストを迎えたアニメ「銀魂」。原作に至っては連載終了を何度も発表するもなかなか終わらず、ついには「ジャンプ」(集英社)からも追いやられてしまい、アプリで最終回を迎えるという堂々たる常識破りなラストとなった。

そんなアニメ「銀魂」シリーズが、今度こそ本当に終わりを迎えることについて、アニメ「銀魂」シリーズの制作を手掛けてきたバンダイナムコピクチャーズ・樋口弘光事業部長は「ついにタイトルと公開日が発表されてしまった! これまで同様に、もう何を言ってもオオカミ少年なんですけど(笑)、最後のアニメ銀魂に向けて空知(英秋)先生も巻き込んだバカ騒ぎをしたいと思っています。空知先生、引き続きご協力の程よろしくお願いします!(締切り厳守で)」とコメント。

テレビシリーズ「銀魂」の第3期から監督を務め、本作では監督・脚本を担当する宮脇千鶴は「今回の劇場版は多分、いろんな意味ですごいことになるんじゃないかなと思います。楽しみにしてくださってる皆さまに最大級に楽しんでいただけるよう、全て出し切る気持ちでスタッフ一同、日夜奮闘中です。

‪どこがどんなふうにすごいことになっているかは、ぜひ劇場で確かめていただきたいのですが、そのころには安心してお届けできる世界になっていますように。…つか、こないだやっとコンテ全部終わった状態なので、まだうまいことなんも言えねー(ガクブル)」と、ファンに向けて切迫した制作状況を明かす。

また、前作「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」の監督で、今回は監修を務める藤田陽一も「過去さかのぼり、アニメ『銀魂』を1度でも面白いと思ったことがある方には、納得してもらえる映画になってると思います。大人も子どももオネーサンも」と話した。

制作陣のコメントからも、気合いと興奮が伝わってくる本作。シリーズ史上最高スケールで、最も笑って、最も泣けて、最もアツくなる、宇宙規模の作品に。キャラクターデザインも一新される予定で、より格好良い銀さんたちがスクリーンに戻ってくる。

そして、原作・空知英秋の全面協力が決定。劇場版アニメ「銀魂」では初となる描き下ろしビジュアルが制作され、8月20日(木)に解禁が予定されている。

さらに今回、万事屋3人による特報も到着。だが、最後の戦いが密になるとか、マスクが2つしかないとか、相変わらずやる気は全くなし。

8月12日(水)は万事屋唯一のツッコミ担当・新八の誕生日にもかかわらず、新八は相変わらず雑な扱いを受ける。

だが、それもお約束と言わんばかりに華麗にスルーした銀さんは、きっちり最後にはタイトルと公開日を告知。「これが、本当に最後!」と発表している。(ザテレビジョン)