テレビ新広島(TSS)で、毎週土曜に放送されている「西村キャンプ場」。8月15日(土)は、無人島キャンプ後編&花の観光農園にある絶景キャンプ場へ。

同番組は、広島出身のお笑い芸人・バイきんぐ西村瑞樹が、趣味のキャンプをただ楽しむだけの番組。前回に引き続き、便利な無人島「津波島キャンプ場」の後編、そして花の観光農園に誕生した絶景キャンプ場へと向かう。

前回、島へと無事上陸し、電気・トイレ・シャワーも完備する快適な環境に驚きを隠せなかった西村。キャンプ飯後編では、漁師に譲ってもらったマダイを使って調理開始。そして手作りの石窯で、ある魚料理に挑戦する。さらに津波島のとっておき“ドラム缶風呂”に入ってみることに。

翌日は自然豊かな町、広島・世羅町を訪ねた西村。最初に向かったのは、「ぜったいうまい」と看板に大きく書かれた地元で人気の豆腐屋さん。そこで「オススメの食べ方がある」と出された一品は、西村の予想を遥かに上回る。

続いて、花の観光農園の中に最近完成したばかりという「絶景キャンプ場」へ。そこには、花の農園ならではの珍しい食材が。

また、カープ日南キャンプ編のときに出演した、大瀬良大地投手が約束してくれ「登場曲にキャンプだホイを流す」が、ついに実現。試合当日の曲が流れた瞬間の大瀬良投手と西村の歓喜の様子を紹介する。(ザテレビジョン)