詐欺師たちが活躍する長澤まさみ主演の人気シリーズ最新作「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の大ヒット御礼舞台あいさつが8月13日に都内で開催。会場には長澤をはじめ、東出昌大、小手伸也、関水渚、監督の田中亮が登壇した。

イベントでは「“何が本当で何が嘘か”わからない話ベスト3」が発表され、くす玉が持ち込まれると、第3弾製作決定の文字が浮かび、「コンフィデンスマンJP 英雄編」の製作決定が告げられた。

等身大パネルで出場した小日向文世もスクリーンにリモートで参加すると、「同じシリーズ3本目は経験がない。それだけでうれしいですね」と喜び、「CGを多用してとんでもないことをやりたい。場所は国内がいい」と話すと、小手から「海外に行きたくないという思考が透け過ぎている」とツッコまれる展開に。

一方、突然の発表に目を丸くした東出は「やるんだ?驚くと言葉が出てこない」と話し、「嘘だったら、どうする?」と「詐欺かも?」と疑う長澤の発言に笑顔で答える一幕も。

作品への希望を聞かれた長澤は「近所がいいな」と言いつつ「『英雄編』と『五十嵐編』の2本立てにしたい」と明かすと、「『五十嵐編』に入った途端みんなが帰ったらどうしよう」と小手を焦らせていた。

最後に長澤は「全国の子ネコちゃんの皆さん」とファンに呼び掛け、「この作品の面白さは感動作であることです。私としては大人の人にグッと届く物語になっていると思うので、子どもも大人も、みんなひっくるめて楽しんでいただきたい」と作品をアピールしてイベントを締めくくった。

なお、発表された「英雄編」は、「プリンセス編」の登場人物がキーパーソンになることが明かされている。

また、本作に出演したモノマネタレント・ジャッキーちゃんも途中参加し、片言の日本語で「皆さんをお祝いしたくて駆け付けました」とあいさつするなど、サプライズの多いイベントとなった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=永田正雄)