14人の議員がドミノ辞職。2016年に発覚した富山市議会の腐敗を暴いたメディアの行動と、その後の議会の推移を記録したドキュメンタリー映画「はりぼて」が、8月16日(日)、東京・渋谷のユーロスペースで公開される。

富山のテレビ局「チューリップテレビ」が地方政治の不正の追及に挑む様子を追った映像は、人間のずるさや、だからこその滑稽なさまを赤裸々に映し出す。

有権者に占める自民党員の割合が10年連続日本一である保守王国・富山県。2016年8月、平成に開局した地元ローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組が、スクープ報道をした。「自民党会派の富山市議 政務活動費事実と異なる報告」と、実態を暴いたのだ。

当該市議は、「富山市議会のドン」と言われていた自民党の重鎮で、その後、自らの不正を認めて議員を辞職。これを皮切りに議員たちの不正が次々と発覚し、半年の間に14人もの議員が辞職していった。

その反省をもとに、富山市議会は政務活動費の使い方について「全国一厳しい」という条例を制定。だが、3年半が経過した2020年、不正が発覚しても議員たちは辞職せず居座るようになっていた。

記者たちは、議員らを取材する中で、政治家の非常識な姿や人間味のある滑稽さ、“はりぼて”を目のあたりにしていく。しかし、“はりぼて”は記者たちのそばにもあった。

本作は、テレビ番組放送後の議会のさらなる腐敗と議員たちの開き直りともいえるその後を追った政治ドキュメンタリー。あっけなく辞職する議員たちの滑稽な振る舞いは、観る者の笑いを誘う。追及する記者を含め、市民は腐敗した議会や議員を笑うことしかできないのか。ならば、果たして”はりぼて”とは誰なのか? 地方からこの国の在り方をも問い掛ける。

■ 五百旗頭幸男監督の言葉

「ドキュメンタリー映画を本当に作りたかったです。でも、あきらめます」

制作していたある番組の編集方針をめぐり社内議論が紛糾していたさなか、映画プロデューサーの服部(寿人)に送ったメールです。その夜の喫茶店。必死に言葉をつむぐ上司。退社の決意を伝えられない部下・・・。

1週間後。配給と映画館との初顔合わせ。映画製作が動き出しても、まだ伝えられませんでした。以来3か月あまり、一人編集室に巣ごもりし素材と格闘しました。同じ頃、番組を取り巻く状況は悪化の一途をたどり、退職届を提出。数々の番組制作を任せてくれた信頼する上司を、私は裏切りました。

この映画は、2016年に放送した番組「はりぼて〜腐敗議会と記者たちの攻防〜」の続編です。当時、自民党1強体制の市議会には不正がまん延。日本一小さな放送局の記者たちによる追及が、議会と当局の「はりぼて」を浮き彫りにしました。

(映画に)サブタイトルはありません。

かつて、議会をチェックし不正を暴き続けた私たちメディア。期せずしてその姿を見失いました。不正が発覚しても、責任を取らなくなった市議たち。彼らにぶつけた言葉の数々が宙をさまよい、無力感となって戻ってきました。傍若無人、恥の上塗り・・・厳しい言葉を重ねようと、こびりついた虚しさは剥がれ落ちません。

映画があぶり出すのは、議会と当局の姿だけではありません。それらを許し、受け入れてきたメディアと市民を含む、4年間の実相です。1強体制は、国政と富山で今も変わりません。「はりぼて」が活写するのは普遍性であり、この国の縮図です。

編集が佳境を迎えた頃。退職を告げたシーンをめぐり、制作陣で数日間の議論になりました。私は編集した映像を提示するだけ。口を挟まないと決めていました。その場にいたのは、監督、編集マン、プロデューサー、監修、製作統括の6人。結論を委ねました。

「自分たちのかっこいい姿だけ描いても信頼は得られない。それこそ『はりぼて』だ」

「弱さを隠さずに見せることは強さを示すことでもあり、再生につながる」

ナレーション収録の日。監督の退職をナレーターに説明するプロデューサー。その頬を涙が伝いました。信頼を寄せる人たちを傷つけ、彼らの覚悟と信念に背中を押され、この映画は生まれました。胸に広がった鈍い痛みは、消えそうにありません。「はりぼて」の矛先は、実は自分自身にも向けられていたのです。

ずっとこの胸の痛みと付き合いながら、表現者としての道を進みます。

【プロフィール】五百旗頭幸男(いおきべゆきお)●兵庫県生まれ。スポーツ記者や警察担当などの記者経験を積み、2016年から2020年3月まで夕方のニュース番組キャスターを兼務。見た目は穏やかだが、舌鋒鋭く、これまで数々の社会問題について不正を追及してきた。趣味は休日に子どもとスキーに行くこと。

■ 砂沢智史監督の言葉

監督の五百旗頭から「はりぼて」の映画化の話を初めて持ち掛けられたとき、胃がキュッと縮む思いをしたのを今も覚えています。富山市議会の不正問題は発覚から4年が過ぎ、辞職した市議は刑事裁判などを経て、新たな人生をスタートしています。しかし今、これを映画として世に出し、彼らの過去を掘り返すことは許されるのか? その不満や批判は、会社のみならず、取材で先頭に立ってきた私個人や家族に向けられるのではないか。そう思いました。その不安は今も抱えています。

富山県は全国一の自民王国。富山市議会はもちろん、他の市町村議会や県議会においても、自民党単独での議案の可決が可能で、勢力は圧倒的です。その意味では、自民党の1強他弱と呼ばれる国政を表す縮図と言えます。

「はりぼて」で描いたのは「人間の弱さ」です。市議会の「ドン」として、絶大な権力を振るった中川勇元市議は、辞職後に初めて会見を開き、自らの不正を告白します。「遊ぶ金が欲しかった」その告白は生々しいものでしたが、それを語る中川元市議にかつての強さは見られませんでした。

不正を生んだのは、緩い運用ルールや監視が行き届かない仕組みなどです。しかし、決定的なのは、“不正”を“不正”と思わない空気が会派という組織の中にあったことです。その空気を作ったのは、市民を見ず、また市民からも見られず、閉じられた組織の論理で政治を行ってきた市議たちの驕り(おごり)です。

「先輩議員がやっている」「このくらいなら大丈夫」

市民に信頼され選ばれた議員でさえ持ってしまった「甘え」。まさに「はりぼて」です。

その一方で抱いた思い。「私も『はりぼて』だったのではないか」

私たちは議会の不正を暴いたことで社会から高い評価を得ました。しかし、市民が利益を得られたかと言えばそうではありません。富山市議会は政務活動費の運用ルールを見直し、開かれた議会を目指して本会議のインターネット中継なども始めました。そして、私たちはその姿を取材し続けました。しかし、議会の本質は変わっていません。行われているのは、会派間で互いに過去の不正を追及し合う不毛な争い。議会改革の議論において、是々非々で話し合うのではなく、数の論理で改革案が決定する場面を何度も見ました。私の胸にあるのは富山市議会への『失望感』と自らの報道に対する『無力感』です。

「人間は弱い」

高い志を持って政治家になっても、市民から見られている緊張感がなければ心は緩み、甘えや驕りを生む。理念を持ち続けていても組織の論理に押し流されてしまう現実もある。それは富山市議会に限ったものではないし、組織の中で働く私にも当てはまります。

では、私たちのなすべきことは何か。

それは、より多くの人に地方議会への関心を持ってもらい、その在り方を共に考える。この映画が地方政治に目を向けるきっかけの一つになればと願います。

【プロフィール】砂沢智史(すなざわさとし)●富山県生まれ。営業や編成のデスク勤務を経て2015年春から報道記者に。まじめで素直でとにかくしつこい。コンピューターに精通し、数字にめっぽう強い。変化球が投げられず、取材も人付き合いも常に直球勝負する。趣味はバスケットボール。(ザテレビジョン)