松岡茉優が主演を務める「おカネの切れ目が恋のはじまり」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第2話が、9月22日(火)に放送となる。

本作は、2019年7月期金曜ドラマ「凪のお暇」の脚本を手掛けた大島里美による完全オリジナルラブコメディー。

松岡演じる、1円まで清く正しく美しく、“モノ”や“恋”に一途で、すべて計算通りの「清貧女」・九鬼玲子と、欲しいものには一直線でお金を使うことになんの迷いもなく、予定は未定な「浪費男」・猿渡慶太(三浦春馬)という金銭感覚が両極端な2人が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになる“おカネ修行”を通したひと夏の恋物語だ。

ドラマ内には、清貧女子、浪費男子をはじめ、自分に投資しすぎ女子、ドケチ節約男子など、金の使い方や人としても“ほころび”だらけの男女が登場し、価値観の違う相手に傷つき、傷つけながら、恋愛模様を繰り広げていく。

また、玲子が15年思い続ける初恋の相手・早乙女健役に三浦翔平、玲子と慶太が勤めるおもちゃメーカー「モンキーパス」で働く慶太の後輩・ドケチ節約男子の板垣純役には、北村匠海が出演している。

さらに、慶太の父で、おもちゃメーカー「モンキーパス」の社長・猿渡富彦役に草刈正雄、慶太の母・猿渡菜々子役にはキムラ緑子、民宿を営む玲子の母、九鬼サチには南果歩が決定。

ほか、星蘭ひとみ、大友花恋、八木優希、アインシュタイン・稲田直樹と河井ゆずる、中村里帆、ファーストサマーウイカ、池田成志ら個性豊かな面々が登場する。

注目の第2話では――

玲子(松岡茉優)は、慶太(三浦春馬)の“ほころび”を繕うために、仕事でも私生活でもお金の使い方を徹底的にチェックしていた。しかし、あまりにもかけ離れた価値観で二人はなかなか噛み合わない。

そんな中、玲子は偶然鉢合わせた営業部の純(北村匠海)と、慶太の話で意気投合。その一方で、純は玲子への好意を確信する。

慶太は元カノのまりあ(星蘭ひとみ)の婚約相手・山鹿(梶裕貴)が社長の富彦(草刈正雄)にモンキーパスの赤字事業である「わくわくスポーツランド」のリニューアルを提案していることを知り、対抗心が芽生える。

そして、あるアイディアを思いつき、玲子、純、早乙女(三浦翔平)も巻き込み、6人でテニスコンペを開催することにする。しかし、そこで慶太のおせっかいが玲子の怒りを買ってしまい、さらに、山鹿の裏の顔まで判明してしまう。

――という物語が描かれる。

第1話終了後にSNSでは、「玲子も慶太も笑顔がかわいすぎる…」「見れて良かった!」「みんなキャラクターが個性豊かでおもしろい!」など、松岡演じる玲子と三浦春馬演じる慶太のくるくる変わる表情に魅了された声や、ドラマのスタートを喜ぶ声で溢れ、盛り上がりを見せた。

また、公式HPなどで見ることができる予告動画では、慶太が「恋愛に関してはかなりのポンコツ?」と玲子を評する場面など、玲子を中心に巻き起こる四角関係の新たな展開が描かれており、「どうなっちゃうの!?」「玲子には幸せになってほしい!」などの声が寄せられている。

「おカネの切れ目が恋のはじまり」第2話は、9月22日(火)夜10:00よりTBS系で放送。

毎週本編放送後には、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でオリジナルストーリー「恋の切れ目がおカネのはじまり?」を配信。

今作では、とある理由で将来の貯蓄に大きな不安を抱いている「恋よりお金」な自称「節約男子」の純が、失恋さえもお金にしながら、本当は素敵な恋がしたい…と願う、本編では描かれない葛藤や恋愛エピソードが描かれている。

第1話放送終了後のオリジナルストーリーでは、深井さとみ役の桜井日奈子や金巻麗子役の中村ゆりかとデートをするも、ドケチ男子の純がデート中に感じた本音が心の声としてだだ漏れ。

純はデートでもついついどうやって節約するかを考えてしまい、そのドケチぶりに引かれてフラれてしまう。そんな純は配信ライブでお金(投げ銭)が得られることを知り、小銭稼ぎのつもりでフラれた思いを歌に吐き出す。

今後もオリジナルストーリーと本編がリンクするシーンがたびたび登場し、純が歌を披露するなど、本編をより一層楽しめる内容となっている。(ザテレビジョン)