アーティストやアイドルグループのドキュメンタリー映画が珍しくなくなってきた昨今、2020年の夏は8月に日向坂46の「3年目のデビュー」、9月に欅坂46の「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」が公開された。

彼女たちの“先輩”に当たるAKB48はドキュメンタリー映画第1弾を2011年(※姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48の作品も後に公開)、乃木坂46は2015年に公開し、それぞれグループ初期の様子を映し出している。

2010年代はAKB48がつくったアイドルブームを、同じ秋元康氏プロデュースのグループが次々に席巻したが、そこに“流れ”のようなものは存在するのだろうか。

各グループの初期の特色から、今に至るその“流れ”を探る。

■ “二項対立”の図式で大きな盛り上がりを生んだAKB48

2005年に活動を開始したAKB48。「劇場公演」や「握手会」以上に世間のイメージが強いのは、やはり「選抜総選挙」だろう。

AKB48はメジャーデビュー以降、シングル曲は卒業まで前田敦子がセンターを担った(※Wセンター含む。また、「選抜総選挙」と「じゃんけん大会」による選抜決定曲を除く)。

この運営スタッフが決めるシングル歌唱メンバーにファンが異を唱えたことに端を発し、開催されたのが「選抜総選挙」だ。2009年の第1回から2011年の第3回では、前田敦子と大島優子が1位の椅子を争った。

また、第6回から第9回では渡辺麻友と指原莉乃が頂点を競うなど、AKB48はこの“二項対立”の図式を用いて大きな盛り上がりを見せていった。

姉妹グループにおいては、SKE48の“W松井”(松井珠理奈、松井玲奈)、NMB48の“さやみるきー”(山本彩、渡辺美優紀)などのペアリングが組まれると、二つを提示されると一つを選びたくなるのが人のさがなのか、“どっち派か”という点において競争意識を持つファンも見られるようになった。

■ そのときの色に合わせてセンターが変わる乃木坂46

“AKB48の公式ライバル”という名目でオーディションが行われ、「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」(秋元氏)で“46”を冠した乃木坂46は2011年に結成。

デビューシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」までのセンターは生駒里奈が務めたが、以降のセンターは作品によって変わっていき、フロントメンバーはその人数に合わせて“○福神”と呼ばれ、今も発表ごとにファンの注目を集めている。

また、「選抜総選挙」のように大規模ではないが、第1幕で出演メンバーが自己PRを行い、観客が幕間に投票、その投票で選出されたメンバーが第2幕に出演する「プリンシパル」という舞台公演がたびたび行われている。

■ 欅坂46というイメージの“依り代”になった絶対的センター・平手友梨奈

2015年に活動をスタートした欅坂46は、デビュー曲「サイレントマジョリティー」(2016年)がそれまでのアイドルと一線を画していると話題になり、卓越した表現力を持った平手友梨奈が絶対的なセンターとしてそのイメージの“依り代”となった。

また、その一方でAKB48グループや乃木坂46とは異なり、シングル楽曲では8thシングル「黒い羊」まで全員選抜制を採用。

2019年に発売予定だった9thシングルは、選抜メンバーによる表題曲となっていたが発売延期となり、そのままシングルとして発売されることなく、グループは2020年10月に活動休止し、改名して再始動することとなった。

■ 全員で前を向いて歩いていく日向坂46

元々、欅坂46のアンダーグループ“けやき坂46(ひらがなけやき)”として誕生し、2019年2月に現グループ名へ改名、同年3月にシングル「キュン」でデビューした日向坂46。

「キュン」から最新シングル「ソンナコトナイヨ」まで、センターは4作全て2期生の小坂菜緒が務めているが、歌唱メンバーは欅坂46同様、全員選抜制。

“けやき坂46”の頃から1期生・佐々木久美を中心に一丸となって前を向くその姿を、ドキュメンタリー映画の監督を務めた竹中優介氏は「全員で幸せになろうしているグループ」(※WEB「ザテレビジョン」8月7日掲載「日向坂46は『競争ではなく全員が肩を組んで進んでいる』<映画「3年目のデビュー」監督Interview>」より)と語っている。

■ AKB48グループにも“全員選抜”を取り入れる動きが

AKB48グループの前田敦子と大島優子の“二項対立”から始まり、欅坂46と日向坂46の“全員選抜”に至った秋元康氏プロデュースグループ。どのグループにもセンターは必ずいるものの、楽曲を歌う“選抜”に関しては様相が変わってきている。

現在はAKB48グループの“後輩”グループでも、NGT48が「シャーベットピンク」(7月22日発売)、STU48が「思い出せる恋をしよう」(9月2日発売)と、全員選抜制が採用されるようになった(※STU48はType Aに1期生とドラフト3期生、Type Bに2期研究生が歌う表題曲MVが収録されるという形式)。

確かに“二項対立”を大きな軸とした「選抜総選挙」は大きな注目を集めるきっかけとなったが、メンバーには精神的負荷、ファンには金銭的負荷を強いるイベントだったことは否めない。競争の要素を薄くした“全員選抜”(その中での“序列”の話は別にあるのだが)を用いて、メンバー全員で盛り上がりをつくっていくという動きが、長いスパンを見据えたサステナブルな活動として主流になっていくのだろうか。

とはいえ、“先輩”グループは所属する人数も多く、全く同じように全員選抜の形でシングルをリリースすることは難しいように思える。それでも「選抜」「非選抜」という“国境”のない時代がやって来るのか、今後の動向に注目したい。(ザテレビジョン)