窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の第70回が9月18日に放送された。第69回では、去っていく五郎(岡部大)を泣きながら見送った梅(森七菜)。そこからの急展開に視聴者からは驚きの声が上がり、Twitterでは「#エール」「梅ちゃん」がトレンド急上昇ワードに入った。(以下、ネタバレがあります)

■ 「私は、あなたを必要としています!」

作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く本作。6月29日から行われていた再放送を経て、9月14日から本放送が再開されている。

梅は、素朴で温かく、ブレない愛情を持つ五郎に恋をした。だが五郎には、その気持ちを受け止める覚悟がなかった。梅の思いを知った五郎は、「自分は梅さんにふさわしくない」と思いつめ、古山家を去った。

そんな涙のエピソードが描かれた第69回。だが続く70回では、驚きの急展開が待っていた。

自分が五郎の“居場所”になりたい、自分らしくいられる故郷・豊橋に、五郎と一緒に帰りたい…そう決心した梅は、必死で五郎を探した。民家の軒下にうずくまっていた五郎を見つけると「私は、あなたを必要としています!」と堂々告白。「信じられません…」と涙を浮かべる五郎を「信じろ!」と一喝し、「豊橋、私と行こう、ね」と語りかけた。

そんな感動のプロポーズの一方で、豊橋で実家の馬具店の職人として修業させる、という将来設計も打ち立てていた梅。物事を冷静に俯瞰する現実的な性格は、幼い頃から変わらない。

■ 「嫉妬していた」梅の告白が結を変えた

梅はもう一つ、文筆業へのモヤモヤにも落とし前をつけていた。

かつて読書の楽しさを教えた同級生であり、今は先輩作家“幸文子”を名乗る結(森田想)との対談当日。梅の発言を「バカバカしい」「くだらない」とことごとく否定し敵対意識をむき出しにする結に、梅は逃げもせず反発もせず、ただ静かに「結ちゃんはどうして本を書くの?」と問いかけた。

梅にとって結は嫉妬の対象であり、追いつき追い越したいと願うライバル。だが実は、結にとっての梅も同じ存在だった。「あなたは最初から何でも持ってる」と本心を口にした結に、梅も「私はずっと、あなたに嫉妬してた」と打ち明けた。

素直に相手への妬みの感情を打ち明け合ったこの2人なら、今後は素直にお互いのよいところ、自分の足りないところも認め合い、良きライバルとして共に成長していくのだろう。そんな前向きな予感漂うシーンとなった。

勇気を出して一歩踏み出すことで、こじれていた結との関係を正し、途切れそうだった五郎との関係も手繰り寄せた梅。梅が自分で行動することで掴んだ結末に、視聴者からも「梅ちゃんカッコいい」「行動力がすごい」「惚れた」といった感動の声が上がり、Twitterでは第70回の放送後、午前9時台までに「#エール」「梅ちゃん」がトレンド急上昇ワード入りするなど、大きな注目を集めた。(ザテレビジョン)