堺雅人主演のドラマ「半沢直樹」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)9話が9月20日に放送された。8話で退場したと思われた黒崎(片岡愛之助)の復活に、視聴者から歓喜の声が上がり、TwitterやYahoo!を賑わせる大反響を巻き起こしている。(以下、ネタバレがあります)

■ 黒崎が見せた“去り際の美学”

「やられたらやり返す。倍返しだ!」の流行語を生んだ2013年放送の前作から7年。今シーズンは「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(ともに池井戸潤著、ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作に、オリジナルのエピソードも交えて銀行家・半沢直樹のスカッとする逆転劇を描いている。

箕部の身辺を独自に調査していた黒崎。その行動が大物政治家・箕部(柄本明)の不興を買い、8話ラストで異動に。

「政府に逆らうなんてほんとバカなことしたわ。誰かさんに影響されたせいかしら?」と微笑み、「最後に一つ、教えてあげる。『伊勢志摩ステート』を調べなさい。今私が言えることはここまでよ」と言い残してカッコよく去っていった。前シリーズからドラマをかき乱してきた名キャラの退場か、と視聴者からは惜しむ声が上がっていた。

■ 千両役者・黒崎が“見得”披露

だが、黒崎の出番はまだあった。

9話では、半沢たちが箕部と東京中央銀行の黒いつながりを追及する展開が描かれた。半沢は、カギを握ると思われる東京中央銀行法人部・灰谷(みのすけ)の調査に向かった渡真利(及川光博)たちに「応援を呼んだ」と告げたが、その“応援”が黒崎その人だった。

「応援を頼まれちゃってねぇ〜。まったく官僚を何だと思ってんのかしら、直樹は」と嬉しそうに登場した黒崎。強烈な存在感と必殺技の“急所つかみ”を繰り出してあっという間に灰谷を吐かせると今度は半沢のもとに急行。紀本(段田安則)に「もーもたろさん、ももたろさん これから鬼の征伐に 助太刀するわよ黒崎が」とにらみを利かせ、ワイロの証拠を突きつけた。

黒崎の再登場に、視聴者からは「黒崎さん、カムバック早かったww」「黒崎さんキターーー!」「登場のときの目が完全に歌舞伎の見得!!」といった歓喜の声が続出。「異動してのんびりやってたのに、人使い荒いわね、アンタ」と憎まれ口も叩きつつ、半沢に応援を頼まれたことが嬉しそうな黒崎に「仲良しかww」「黒崎さん、半沢ラブが過ぎる」といったツッコミの声も上がった。

反響も大きく、放送直後の夜10時台には「#半沢直樹」がTwitterのトレンド世界一に躍り出たほか、「黒崎」がTwitterの国内トレンド急上昇ワード入り、Yahoo!検索のトレンドランキングでは1位に浮上するなど、黒崎が“Wトレンド入り”する反響を呼んだ。

■ 気になる最終回の展開は…!?

次回、9月27日(日)は「半沢直樹 最終回15分拡大SP」を送る。7年前の全シーズンでは最終回に「100倍返し」が行われ話題を呼んだが、今回はいよいよ半沢による“3人まとめて1000倍返し”が実行に移される。

頭取に裏切られ、バンカーとしての熱意を失いかけていた半沢だったが、森山(賀来賢人)と瀬名(尾上松也)に背中を押され、もう一度立ち上がることを決意する。そして渡真利(及川光博)と共に紀本常務(段田安則)の居場所を突き止めた半沢は、ある衝撃の事実に行き着く。

なお、9話放送後、同作の見逃し配信が解禁された。現在、動画配信サービス「Paravi」では第1話〜第9話までを有料配信、無料見逃し配信サービス「TVer」「TBSFREE」では1週間限定で第1話〜第9話までを無料配信している。(ザテレビジョン)