児嶋一哉(アンジャッシュ)がMCを務めるバラエティー番組「白黒アンジャッシュ」(毎週火曜夜11:00-11:30ほか、チバテレほか)の9月22日(火)、29日(火)の放送に、柴田英嗣(アンタッチャブル)がゲストMCとして登場する。

人力舎のタレント養成所・スクールJCAの1期生の児嶋と3期生の柴田。22日の放送では、アンジャッシュのライブの手伝いをした時のことや、神社の木に向かってツッコミをしていたという話、偉そうだった児嶋の印象など、柴田から過去のエピソードが次々に飛び出す。

さらに、アンタッチャブルのコンビ名がついた経緯や、M−1での戦いの歴史も振り返る。

29日の放送では、柴田が2004年にM−1グランプリで優勝した際の舞台裏を語る他、「空白の10年」についても明かす。女性問題と“ファンキー問題”、そして劇的なコンビ復活など、柴田が心境を明かす。

また、「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月2回日曜夜11:30-0:00、チバテレ)からAKB48チーム8の吉川七瀬と小栗有以が登場し、児嶋をプロデュース。二人が考えてきたキャッチフレーズは、児嶋に採用されるのか。(ザテレビジョン)