堺雅人が主演を務める日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)の最終話となる第10話が、9月27日に放送された。大物政治家までも相手にしたクライマックスの戦いに視聴者からは興奮の声が上がり、15分拡大版ながら平均世帯視聴率は前回を大きく上回り今作最高の32.7%を記録。ラスボス・箕部幹事長を演じた柄本明にも称賛の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 「今世紀最高のドラマ!!」

スカッとするラストが待っていた。第9話で「3人まとめて1,000倍返しだ!」と吠えた半沢(堺)。最終話では、紀本(段田安則)や黒崎(片岡愛之助)、さらには箕部の元秘書・笠松(児嶋一哉)、そして大臣の白井亜希子(江口のりこ)らに話を聞く中で中野渡頭取(北大路欣也)の真意を悟っていった。

中野渡は箕部と繋がっていると見せかけ、裏では大和田(香川照之)を使って不正入金先の隠し口座を探っていた。その真実にたどり着いた半沢は、中野渡、大和田、黒崎、笠松、白井らの協力のもと、悪徳弁護士・乃原(筒井道隆)、そして箕部に“1,000倍返し”すべく最後の戦いへと向かった。

乃原と箕部が居並ぶ会見の場に、中野渡頭取の代理として姿を見せた半沢。笠松、白井、瀬名(尾上松也)、黒崎、帝国航空の山久(石黒賢)、大和田のリレーで入手した箕部の隠し口座情報を突きつけ、100億円もの不正入金があったことを証明。詰めかけたマスコミの前で、箕部の悪事を容赦なく追及した。

胸のすく展開に、視聴者からは「スカッとした!」「さすが半沢直樹!!」「今世紀最高のドラマ!!」といった声が上がり、Twitterでは「#半沢直樹」がトレンド世界一になったほか、国内トレンドは“半沢”関連のワードで一色に染まった。

平均世帯視聴率は32.7%。前回第9話の24.6%から8.1ポイントの大幅アップで有終の美を飾った(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

そして、半沢の最後の強敵・箕部を演じた柄本にも賞賛の声が続々と上がった。

半沢を小馬鹿にしたように“石部金吉くん”と呼び、気に入らないことがあれば「ああ?」とすごみある唸り声で相手を黙らせ、「はい?最近どうも、耳が遠くてねぇ」と聞こえないふりをしては震え上がらせるなど、闇を支配する大物政治家、海千山千の憎まれ役を怪演。

クライマックスの会見シーンでは一転、半沢に「謝ってください。この国で懸命に生きるすべての人に、心の底から詫びてください!」と詰め寄られ、ふらつきながら前に進み出てあっさり土下座。その後、マスコミから走って逃げるという無様な姿も演じ切った。

半沢がバンカー人生を賭けて挑むに足る強敵を演じた柄本に、視聴者からも喝采の声が続々。「柄本の顔芸がすごすぎた」「怪物って感じだった!」「最大の憎まれ役を一身に背負った柄本明さん素晴らしかった」といった声が飛び交った。

“チーム半沢”の活躍で見事大団円を決めた2020年版「半沢直樹」。無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」「TBS FREE」では1週間限定で最終回の無料配信、定額制の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で前作と共に全話一挙配信されている。(ザテレビジョン)