沢口靖子が主演を務める「科捜研の女season20」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)が10月22日(木)よりスタートする。

同ドラマは、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く。

“最新の科学捜査テクニック”と“豊かな人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーとして1999年のスタート時から根強い人気を誇り、現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズとなる。

前シーズンは“シリーズ20周年”と“テレビ朝日開局60周年”という2つの大きな節目を記念し、2019年4月から2020年3月まで1年間のロングラン放送にチャレンジ。

また、今回、シリーズ史上初めてとなるライブ配信イベントを行うことが決定し、さらに盛り上がりをみせる「科捜研の女season20」。

その同ドラマで、マリコを演じる沢口にインタビューを実施。記念すべき「season20」となる新作の思いや主演の沢口だからこそ感じた変化、そして現場でのエピソードなどを聞いた。

■ 沢口が明かす新シーズンでの変化

――「科捜研の女season20」が決まった時の気持ちは?

1年間のロングラン放送が終わった後は少し寂しかったので、「season20」が決まった時は、「またマリコに会える!」という喜びの気持ちでいっぱいになりました。

人生の半分近くをマリコとして過ごしている気がします(笑)。

――新シリーズで注目してほしいところは?

新シリーズだからと言って、大きな変化はないのですが、最先端の科学技術、深みのある人間ドラマ、さらにマリコの驚きのショットが登場します。また今回、新型コロナウイルスという世情を踏まえて、ソーシャルディスタンスを保ちながら撮影しました。キャスト同士の間隔を空けるなどの工夫が、マリコたちも視聴者の皆さんと同じ時間を過ごし、一緒に戦っているというふうに見えたらいいなと思います。

――ソーシャルディスタンスを取ることで感じた変化はありますか?

距離を取るということは悪いことばかりではなく、距離を取ることで、キャスト同士にいい緊張感を与えてくれました。

また、今まで以上にラボの中を広く使うことで、キャラクターたちの個性がより強くなったように感じました。毎シーズンを楽しみにしてくれている方も、初めてご覧になる方も、楽しめると思います。

■ 沢口「(マリコは)人として成長してきました」

――前作を終えてから、久しぶりに会った共演者の中で変わったなと思ったのは?

風間トオルさんと渡部秀くんは髪の毛が少し伸びて、ヘアスタイルが変わっていましたね(笑)。

2カ月くらい会っていなかっただけなので、そこまでの変化はないのですが、「美容室に行けなかった…」とお2人はおっしゃっていました。渡部秀くんは天然パーマを生かした髪形をしていました。

――「科捜研の女」がこれまで続いてきた理由はどこにあると思いますか?

脚本の面白さ、科学と人間の関わりをち密に描いているところだと思います。最初は科学一辺倒だったマリコは、他の登場人物と関わることで、人として成長してきました。一方で、真実に向かって、真っすぐに突き進むという変わらない部分もあります。そんな人間味あふれるマリコというキャラクターが皆さんに愛されているからこそ、「科捜研の女」は長く続いているのだと思います。

――今まで一番印象的だったストーリーは?

マリコはフラミンゴのポーズをまねしたり、探偵の服装をしたり、さまざまな挑戦をしながら、事件の真相を追い求めてきました。1話1話が私にとって印象的なストーリーですので、選ぶことができません。

■ 沢口「意外と心地よかったです!」

――解剖台に横たわるシーンを撮影した感想は?

お棺の中で横たわるシーンは今まで経験したことがあったのですが、解剖台に横たわるシーンは20年目にして初めての経験でした!

解剖台での撮影は、通常、夏場はバスタオルを使用するのですが、今回、衣装さんが私のために特別にフリースの毛布を使用してくださいました。なので、意外と心地よかったです!

解剖台のシーンはカットの声が掛かるまでは息を止めていなければならなかったのでそこだけは少し緊張しましたね。

――今後、「科捜研の女season20」を盛り上げるために挑戦したいことは?

昨年はSNSを使用し、さまざまなことを挑戦させていただきました。今回は視聴者の皆さんに撮影現場の雰囲気やプチ情報などを何かしらの形でお伝えできればなと思っています。

――視聴者にメッセージをお願いします。

season20が始まります。最先端の科学捜査や人間ドラマ、そして、マリコの特別SHOTを楽しみにしていてください。また、今の世情を踏まえ、新型コロナウイルスにも切り込んでいるので、こちらもぜひ期待して楽しんでいただければと思います。(ザテレビジョン)