10月28日(水)より北海道テレビ(HTB)のバラエティー番組「水曜どうでしょう」(夜11:15-11:45)最新作の放送がスタートする。

今や人気俳優となった大泉洋、大泉の所属するクリエイティブオフィスキューの会長・鈴井貴之、HTBのディレクター・藤村忠寿と嬉野雅道が出演し、1996年にスタートした「水曜どうでしょう」は、2000年にレギュラー放送の終了を迎えるも、“一生どうでしょうします”の精神で以後も不定期にロケを実施。2019年には北海道・赤平の森に家(どうでしょうハウス)を建てる企画を放送した。

28日(水)から放送される新作は、その2019年の企画最後に“もう一つの新作”として、存在が明かされていたもの。2018年に開催されたオフィスキューのイベント「CUE DREAM JAM-BOREE 2018」では、中継で登場した藤村Dと嬉野Dが「旅に出ようや!」とサプライズで大泉に旅の告知をしていた。

今回は4人での海外ロケであることは既に明かされているが、相変わらずその行き先は大泉には秘密のまま。ロケ出発の日、これまでのようにHTB旧社屋の裏口玄関に“どうでしょう軍団”の4人が集まると、大泉は「僕はねぇ、今や7歳の娘を持つ45歳の父親ですよ。その父親が娘に『明日からどこに行くの?』と聞かれて『どこに行くか、パパは知らない』と…。これは恥ずかしい」とボヤき始める。

その後、 今回の行き先と企画趣旨について「番組が存続する上で、忘れてはいけない大切なことが一つある」と、仕掛け人の一人であるミスター(鈴井)が静かに語り始める。

そして、当時建設中だった“どうでしょうハウス”が雪の重みで崩壊したことを大泉は知らされぬまま、4人は旅へと出掛けていく。

決定している各地の放送は、岩手朝日テレビ、東日本放送、山形テレビ、福島放送、新潟テレビ21、静岡朝日テレビ、山口朝日放送、瀬戸内海放送、鹿児島放送、テレビ神奈川が11月11日(水)、とちぎテレビ、日本海テレビが11月16日(月)、秋田朝日放送、ABCが11月17日(火)、メ〜テレが11月19日(木)、北陸朝日放送が11月25日(水)にスタート(※10月27日現在、詳細は各局公式サイトをご覧ください)。

また、「HTB北海道onデマンド」では、放送直前の10月28日(水)夜11時14分まで「水曜どうでしょう2020最新作ー先行パック」を販売している。