C・ロナウド加えたユーヴェのシステムはこれがベスト? 伊紙は悲願のCL制覇へ[4−3−1−2]を提案

C・ロナウド加えたユーヴェのシステムはこれがベスト? 伊紙は悲願のCL制覇へ[4−3−1−2]を提案

アッレグリはロナウドをどう活かすのか

C・ロナウドが加わったユヴェントスは、どのような布陣で戦うことになるのだろうか。さっそく各メディアが予想を展開しているが、伊『Gazzetta dello Sport』は[4−3−1−2]を提案している。

GKにはヴォイチェフ・シュチェスニー、最終ラインは右サイドバックに新加入のジョアン・カンセロ、左はアレックス・サンドロ、センターバックはジョルジョ・キエッリーニと今夏チームに合流したイタリア期待の若きDFマッティア・カルダーラを指名している。

中盤はアンカーにミラレム・ピアニッチ、その前にブレーズ・マテュイディ、リヴァプールから加入したエムレ・チャンだ。

注目の前線はトップ下にパウロ・ディバラ、2トップをマリオ・マンジュキッチとロナウドが組む形となっている。ディバラには退団説もあるが、ディバラの能力を活かすには中央で起用するのがベストだ。ディバラを中央で起用するにはこのシステムが妥当と同メディアは考えたのだろう。また守備面での貢献が期待できないロナウドの相棒にはマンジュキッチのようなハードワークしてくれる選手が必要との考えだ。

より攻撃的な形を選ぶなら、システムを[4−2−3−1]とし、右サイドにファン・クアドラード、左にドウグラス・コスタ、トップ下にディバラ、最前線ロナウドの形も提案されている。いずれにしてもゴンサロ・イグアインの名前は入っておらず、ロナウド獲得後もユヴェントスは市場の主役となりそうだ。

マッシミリアーノ・アッレグリはどのシステムを選択するのか。名将との評価を確立しつつあるアッレグリがロナウドをどう活かしてくるのか注目だ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索