20歳で名門インテルの背番号10を身につける強心臓 ラウタロ・マルティネス「プレッシャーはない」

20歳で名門インテルの背番号10を身につける強心臓 ラウタロ・マルティネス「プレッシャーはない」

インテルをスクデットへ導けるか

アルゼンチンのラシン・クラブから今夏インテルに加入したアルゼンチン人MFラウタロ・マルティネスは、初の海外挑戦で背番号10を背負うことになった。まだマルティネスが20歳と若いことを考えると、名門クラブの10番をいきなり任すのは負担が重いように感じられる。

しかしインテル公式によると、マルティネス本人は10番を着用することに特別なプレッシャーはないと主張。自らこの番号を望んだと語り、強心臓ぶりをアピールしている。

「10番を着けることのプレッシャーはないよ。この番号は僕がラシンでも着用していたものだし、ここにくるとき僕の方から可能かと尋ねたのだからね。この番号を背負えてとてもハッピーだよ」

インテルの願いはスクデット制覇で、名門の10番を背負う者はチームを引っ張る存在でなければならない。チームメイトには同じアルゼンチン人FWマウロ・イカルディもおり、マルティネスとのコンビから得点を量産することに期待だ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索