ルーニーの“ビーストモード”発動! 驚愕プレイにクラブ公式Twitterも「あり得ない」

ルーニーの“ビーストモード”発動! 驚愕プレイにクラブ公式Twitterも「あり得ない」

カウンター阻止から決勝点アシスト

今夏の移籍市場でMLSのD.C.ユナイテッドへ移籍した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、観客の度肝を抜くプレイを披露し、大きな話題を呼んでいる。

12日にホームで行われたオーランド・シティ戦で、D.C.ユナイテッドのスターティングメンバーに名を連ねたルーニー。2-2の同点で迎えた後半アディショナルタイムに、チームの救世主となるだけでなく、劇的勝利の立役者となった。

6分間のアディショナルタイムのうち、5分が経過したところで、左CKを得たD.C.ユナイテッド。GKも前線へ上げ、勝利へ向けて全ての力を注ぎ込んだが、ゴールを決めきることができない。それどころか、このカウンターから逆転ゴールを奪われそうになった。しかし、CKの際にペナルティエリア手前に陣取っていたルーニーが全速力で守備に戻り、自陣に入ったあたりでボールを持つ選手にスライディングタックル。鋭いカウンターを阻止し、ひとりで無人のゴールを守ったのだ。

しかし、ルーニーは好プレイはこれだけで終わらなかった。すぐさま立ち上がると、奪ったボールを持って右サイドをドリブルで駆け上がり、ハーフラインを越えたあたりからゴール前へ絶妙なロングボールを送る。これをルチアーノ・アコスタが頭で合わせ、D.C.ユナイテッドが3-2の劇的勝利を収めている。

この試合をTwitterで実況していたクラブの公式アカウントは、ルーニーのカウンター阻止シーンを「全てはここから始まった」と、そして得点のシーンを「あり得ない」と紹介。さらに、劇的勝利に興奮が収まらない同アカウントは「ルーニーのビーストモードが発動。アコスタが試合を決めた」と綴っている。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索