本田圭佑は東京五輪に出場すべき? カギはメルボルンでのプレイにあり

本田圭佑は東京五輪に出場すべき? カギはメルボルンでのプレイにあり

豪紙は本気の本田を歓迎

本田圭佑は4年後のカタールワールドカップは目指さない考えを明かしていたが、2020東京五輪には出場の意欲があることも示していた。カタールワールドカップを目指さないのであれば、東京五輪は日本代表選手として最後の目標となるだろう。

とはいえ現在32歳の本田が五輪に出場するには、オーバーエイジ枠に入らなければならない。これはA代表に入ること以上に狭き門で、本田は今季よりプレイするオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでハイパフォーマンスを維持しなければならない。

そしてこの状況はオーストラリアにとってもポジティブなものだ。豪『Sydney Morning Herald』は、本田が五輪出場という大きな目標を持ってプレイすることは、メルボルン・ビクトリーにとってもプラスになると伝えており、意欲あるプレイに期待している。

また、「ホンダのスキル、ドリブル、セットプレイのスペシャリストであること、そして豊富な経験は日本代表において大きなものになるだろう」と伝えており、本田がメルボルン・ビクトリーで好パフォーマンスを維持した場合は東京五輪のチームに入るべきとの考えを示している。

オーバエージでの東京五輪出場を目指しているのは本田だけではない。必然的に競争は激しくなるが、オーストラリアはそこに挑戦する本田の姿勢を歓迎している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索