"メッシ2世"の呼び名に潰された若き天才 「誰も僕の名前を知らない」

"メッシ2世"の呼び名に潰された若き天才 「誰も僕の名前を知らない」

過剰な比較に苦しむ

リオネル・メッシ2世と呼ばれた選手は数多くいるが、実際にメッシの領域へ近づいた者はほとんどいない。良いキャリアを築く選手もいるが、メッシとの比較に苦しんでフォームを乱してしまう若手も少なくないのだ。

そんなメッシ2世の呼び声に苦労してきた選手の1人が、スコットランド人MFライアン・ゴールドだ。ゴールドのスタートは見事なもので、17歳でスコットランドのダンディー・ユナイテッドでデビュー。デビューから2シーズン後にはすっかり主力となり、その活躍を受けてポルトガルの名門スポルティング・リスボンに移籍することとなった。

しかしトップチームではほとんど出番がなく、レンタル移籍を繰り返すことになった。ポルトガル国内ではヴィトーリア・セトゥーバル、CDアヴェス、SCファレンセとレンタル移籍を繰り返し、そして今年1月には母国スコットランドのハイバーニアンにレンタル移籍することになった。

理想通りのキャリアとは呼べないものになってしまったが、ゴールドはメッシとの比較に苦労してきたようだ。英『Herald Scotland』によると、自分の名前よりも「ミニ・メッシ」との呼び名が広まってしまったことが苦しかったと明かしている。

「大きな期待を背負ってスポルティングと契約したけど、早くから期待通りに行かないだろうことは分かっていたんだ。過剰な話題は理想的なものとは言えないし、あそこでは初日から難しかった。コーヒーを飲みに行っても、ショッピングセンターに行っても誰も僕の名前は知らない。だけど、みんなはミニ・メッシ、ミニ・メッシと呼ぶ。僕がライアン・ゴールドという名前なのは知らないんだ。これは良いことではないよ」

ゴールドは本来ならばスコットランドのA代表で活躍しておくべき実力者だが、まだそれは実現していない。世代別代表には選ばれているものの、まずはクラブで結果を出さなければA代表での継続的なプレイは難しい。まだ23歳であることを考えれば十分に挽回可能だが、メッシ2世の呪縛から母国スコットランドで解き放たれるか。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索