ドルトムントの勢いが止まらない! 優勝時とほぼ同じペースで勝ち点量産中

ドルトムントの勢いが止まらない! 優勝時とほぼ同じペースで勝ち点量産中

第18節終了時点で1敗をキープ

MF香川真司が所属するドルトムントの勢いが止まらない。ブンデスリーガ優勝を成し遂げた2010-11シーズンとほぼ同じペースで勝ち点を積み上げている。

19日に行われたブンデスリーガ第18節で、RBライプツィヒの本拠地へ乗り込んだドルトムント。絶好調なマルコ・ロイスが負傷欠場したが、19分にベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが先制に成功すると、最後まできっちりこの1点を守りきり、1-0で勝ち点「3」をもぎ取った。

この結果、ドルトムントは勝ち点を「45」までのばし(14勝3分1敗)、2位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差「6」のまま首位をキープしている。データサイト『opta』によると、第18節終了時点での成績では、15勝1分2敗で勝ち点「46」に到達した2010-11シーズンに次ぐ好記録だという。なお、連覇を成し遂げた2011-12シーズンは、11勝4分3敗の勝ち点「37」だった。

この勢いをキープし、ドルトムントは今季7シーズンぶりの優勝を成し遂げることができるのか。ついにバイエルンの連覇をストップする時が来たかもしれない。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索