マルセロがレアルで控え要員に? “22歳DF”の突き上げが凄い

マルセロがレアルで控え要員に? “22歳DF”の突き上げが凄い

直近の国内リーグ2試合連続で先発

昨夏にレアル・マドリードのトップチームに名を連ねたDFセルヒオ・レギロン(22歳)。直近のリーガ・エスパニョーラ2試合連続で先発入りを果たすなど、長きにわたり同クラブ不動の左サイドバックとして君臨してきたマルセロからレギュラーの座を奪いつつある。


スポーツデータサイト『whoscored.com』によると、レギロンは19日に行われた国内リーグのセビージャ戦で、両軍の選手中3番目に多いキーパス(2本/味方のチャンスに繋がったパス)や、2番目に多いロングパス成功数(6本)を記録。果敢なオーバーラップで左サイドの攻撃に厚みをもたらすと、78分には敵陣バイタルエリアへ正確な横パスを供給し、MFカゼミロのミドルシュートによるゴールを演出した。

また、レギロンの好調ぶりは守備面のスタッツにも表れている。データサイト『Sofa Score』の統計に目をむけると、今季の国内リーグにおけるインターセプト数はレギロンとマルセロ共に10回。レギロンのほうがマルセロよりリーグ戦への出場が少ないことをふまえると(レギロン6試合、マルセロ11試合)、サンティアゴ・ソラーリ監督がこの若手DFを抜擢したのも合点がいく。

攻撃面ではレギロンと互角かそれ以上の働きぶりを見せているマルセロだが、相手のカウンターに晒された際の帰陣が遅いなど、かねてより守備面の課題を指摘されている。レギロンがセビージャとの上位対決で結果を残したことで、マルセロのクラブ内における地位も安泰ではなくなった。今後も同クラブの熾烈なレギュラー争いに注目したいところだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索