サウジを撃破した選手らへ賛辞 森保監督「厳しい戦いは覚悟していたが……」

サウジを撃破した選手らへ賛辞 森保監督「厳しい戦いは覚悟していたが……」

想像以上に苦しい展開に!? 

日本代表は21日、UAEで開催されているアジアカップのラウンド16で、ロシアW杯にも出場した強敵サウジアラビア代表と対戦。相手にボールを支配され、日本は7割以上のポゼッション率を許したが、20分にヘディングで値千金の先制点を奪った冨安健洋のゴールを最後まで守りきり、1-0でサウジアラビアを退けた。

試合後、インタビューに応じた日本の森保一監督は、まず「本当にタフで厳しい戦いになることを覚悟していたが、想像以上に我慢強く戦わなければいけないところ、選手たちが最後まで頭も足も止めずに粘り強く戦い抜いてくれた」と選手たちへ賛辞を贈った

そして「もちろん、我々ももっと攻撃を仕掛けたかったが、サウジアラビアが攻撃力のあるチームだということはわかっていた。先制した展開の中で押し込まれて、我慢しながらカウンターを狙っていくということを、試合の流れの中で選手たちがよくやってくれたと思う」と試合を振り返っている。

準々決勝では、すでにベトナム代表との対戦が決まっている。次戦への意気込みを「この中2日で最善の準備をして、また次の試合でも勝って、応援してくださる方々に勝利を届けられるようにしたい」と明かした。

苦しい試合展開の中でも着実に白星を積み重ね、2大会ぶりの王座へ前進する日本代表。この調子で、是非ともアジアの頂に立ってもらいたいところだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索