[移籍]無所属から3年でバルサへ “プリンス”の華麗なる復活劇

[移籍]無所属から3年でバルサへ “プリンス”の華麗なる復活劇

買い取りオプション付きのレンタル移籍

バルセロナは21日、元ガーナ代表MFケビン・プリンス・ボアテングがレンタル移籍で加入することで、サッスオーロと合意に至ったと発表した。なお、契約期間は今季終了までで、契約内容には800万ユーロ(約9億9000万円)での買い取りオプションが組み込まれているとのこと。入団会見は22日に行われる予定となっている。

現在31歳のボアテングはドイツ出身で、同国の各年代代表でプレイしたが、A代表では自身のルーツであるガーナ代表を選択。2度のW杯出場を果たしており、2010年に開催された南アフリカ大会では、ラウンド16でゴールを記録するなどベスト8進出に貢献した。また、バイエルン・ミュンヘンでプレイするドイツ代表DFジェローム・ボアテングは異母兄弟である。

クラブではヘルタ・ベルリンでプロとしてのキャリアをスタートさせると、これまでトッテナムやドルトムント、ミラン、シャルケ、フランクフルトなど計10クラブを渡り歩いており、2015年後半には半年間の無所属も経験している。ミラン時代には本田圭佑と、シャルケ時代には内田篤人と、フランクフルト時代には長谷部誠とプレイしており、日本人選手とも関わりが深い。今季からは、戦いの舞台を2年ぶりにイタリアへ戻し、サッスオーロへ加入。ここまでリーグ戦13試合に出場して4ゴール2アシストを記録していた。

若い頃には悪童と呼ばれ、素行の悪さが目立つ一面もあったが、年を重ねるごとに落ち着き始めたボアテング。近年はこれまで本職としてこなかったFWを務めるなど複数のポジションをこなし、チームへの貢献度も高い。欧州のトップクラブで再び輝きを放つことができるのか。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索