ペップ時代なら考えられない? バルサに揃うビダル&ボアテング、2人の悪童

ペップ時代なら考えられない? バルサに揃うビダル&ボアテング、2人の悪童

暴れん坊が2人も

バルセロナは21日にサッスオーロからMFケビン・プリンス・ボアテングをレンタルで獲得したことを発表したが、このニュースに驚いたサポーターもいたのではないだろうか。ボアテングはミランなどでプレイしてきた実力者だが、バルセロナらしくない選手と言えよう。

スペイン『MARCA』も、ジョゼップ・グアルディオラ時代には考えにくい補強だと取り上げている。何よりボアテングはこれまで問題児として扱われてきたところがあり、闘志を前面に押し出すファイタータイプだ。強烈な個性を持っており、グアルディオラ時代なら獲得しないタイプの選手ではないか。

ボアテングだけではなく、今のバルセロナにはMFアルトゥーロ・ビダルもいる。ビダルも強烈な個性を持っている選手で、今季開幕当初は出場機会の少なさから指揮官エルネスト・バルベルデとの衝突も話題となった。ビダルも優秀な選手だが、少しばかり扱いにくい部分があるのも事実だ。

また、ボアテングも昨夏獲得されたビダルも30代の選手だ。これもバルセロナにとっては珍しい判断で、直近14シーズンでは獲得したフィールドプレイヤー63人のうち30歳以上の選手はボアテングとビダルを含め7名のみとなっている。補強方針にも変化が出てきたのは明らかだろう。

ボアテングは中盤からセンターフォワードまで幅広くプレイできる選手で、ルイス・スアレスの代役を務めることもできる。バルベルデがどうボアテングをコントロールしてくるのか、後半戦の1つのポイントとなりそうだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索