アーセナルにフィットした2人の点取り屋 オバメヤンが語るライバルとの関係

アーセナルにフィットした2人の点取り屋 オバメヤンが語るライバルとの関係

単なるライバルではない

昨年1月にアーセナルがFWピエール・エメリク・オバメヤンの獲得を発表した時、FWアレクサンドル・ラカゼットとどう共存させるのかに注目が集まった。ラカゼットは2017年夏に加わった選手で、オバメヤンと同じく高い得点力を持つ選手だ。

こうした点取り屋が2人揃うとライバル意識が芽生えるものだが、ラカゼットとオバメヤンは非常に良い関係を築いている。競い合っている部分はあるだろうが、互いの得点を心から喜んでいるように見える。英『FourFourTwo』によると、オバメヤンも良い関係を築いていることをアピールしており、過激なライバル関係は存在していないようだ。

「彼と一緒にプレイするのは当然嬉しいよ。互いに良い感覚があるからね。僕がアーセナルに加わった時、彼は僕のところへ来て話をしてくれた。今僕たちは上手くいっているんだ。フットボールの面で同じビジョンを持っているし、彼は良いやつだよ。互いの関係は良いと思う。嫌なライバル関係はないし、僕たちは友人だ。1人が上手くいけば嬉しいし、それが上手くやるために最も重要なことだよ」

2-0で勝利した先日のチェルシー戦では序盤からオバメヤンとラカゼットの2人が攻守にハードワークし、後半途中にはラカゼットが交代。そこからはオバメヤンを前線に残して守備を固めるやり方へ変えている。こうした柔軟な変化も2人が良い関係を築いているからこそだろう。中にはオバメヤンより先に交代させられたことに怒るFWだっているはずだ。

チームを第一に考えてプレイしているからこそ、アーセナルではオバメヤンとラカゼットが上手く絡めているのだろう。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索