ダルミアン、今冬の母国復帰が夢で終わる? ユーヴェ移籍が急遽破談か

ダルミアン、今冬の母国復帰が夢で終わる? ユーヴェ移籍が急遽破談か

合意報道から一転して……

ユヴェントスへの移籍が間近に迫っていたマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンだが、今冬の母国復帰は夢で終わるかもしれない。

2015年にトリノからマンUへ移籍したダルミアン。加入初年度は多くの出場機会を得たが、2年目からは出番が激減し、今季もここまで公式戦6試合に出場したのみとなっていた。そんなダルミアンにユヴェントスが興味を示し、先日、買い取りオプション付きのレンタル移籍で合意に至ったと、イタリアやイギリスの複数メディアが報じていた。

しかし、合意報道から一転して、この移籍話が破談に終わる可能性があるようだ。イタリアのジャーナリストで、移籍情報に精通しているジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、当初300万ユーロ(約3億7000万円)ほどだったレンタル料を、マンU側が600万ユーロ(約7億5000万円)まで引き上げてきたとのこと。倍となるレンタル料を払うつもりのないユヴェントスは、ダルミアンの獲得から手を引いたという。伊『sky SPORT』などが伝えている。また、ユヴェントスと同様にダルミアンに興味を示していたインテルも、600万ユーロのレンタル料では獲得に動かないとのことだ。

移籍期間はまだ残っているため、双方に交渉の余地はあるが、はたしてダルミアンの母国復帰は実現するのか。今後の動向にも注目が集まる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索