"モウリーニョ2世"は本当に優秀か? 14戦9敗で注目の青年監督大ピンチ

"モウリーニョ2世"は本当に優秀か? 14戦9敗で注目の青年監督大ピンチ

前評判は高かったが……

新たなジョゼ・モウリーニョになるのではないか。そう注目されてきたのがエヴァートンを指揮する41歳のポルトガル人指揮官マルコ・シウバだ。これまで母国ポルトガルのスポルティング・リスボン、ギリシャのオリンピアコスでタイトルを獲得してきた実績があり、2017年1月にはモウリーニョを含め名将が集まるプレミアリーグへとやってきた。

マルコ・シウバが最初に指揮したのは下位に沈むハル・シティで、ミッションは残留へ導くことだった。ハルは当時最下位で、マルコ・シウバが就任した時点で僅か3勝だった。そこからマルコ・シウバは手腕を発揮し、6勝を挙げてみせた。結果的にハルは降格したが、マルコ・シウバは自身の評価を高めることに成功した。

ただし、そんなモウリーニョ2世が今窮地に立たされている。マルコ・シウバはワトフォードでの指揮を経てエヴァートンへやってきたわけだが、エヴァートンで思うような結果が出ていないのだ。特にここ最近の成績はあまりにも印象が悪い。

12月に入ってからのエヴァートンの成績は14試合を戦って3勝2分9敗だ。順位は9位とそこまで悪いわけではないが、直近は3連敗するなど大苦戦している。この成績に米『ESPN』も厳しい視線を向けており、モウリーニョ2世の手腕を疑問視しているのだ。

ハルでは評価を高めたものの、結局チームは降格した。ワトフォードでも期待された成績は残せず解任となり、まだプレミアリーグで目立った結果を残せていないと捉えられているのだ。トップ6との戦力差を考えると7位に入ればエヴァートンのシーズンは成功と言っていい。ところが今は昇格組のウォルバーハンプトンが7位、マルコ・シウバが結果を残せなかったワトフォードが8位に食い込んでいる。

また同メディアはエヴァートンの補強が相変わらずヒットしていないことにも触れている。昨季もウェイン・ルーニーやデイヴィ・クラーセン、ギルフィ・シグルズソンら実力者を加えたことからトップ6に割って入れるとまで言われたが、ルーニーもクラーセンもヒットせず退団。

昨夏もバルセロナからコロンビア代表DFジェリー・ミナ、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス、ワトフォードからブラジル代表FWリシャルリソン、シャフタール・ドネツクからMFベルナルジなど即戦力候補を加えているが、それが成績に繋がっていない。

このままエヴァートンを立て直すことができなければ、マルコ・シウバの評価は確実に落ちる。今の状態はピンチと言えるが、ここから7位入りのミッションを達成できるだろうか。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索