マンUの22歳が強気すぎる 「僕はプレミアのGKとして十分さ」

マンUの22歳が強気すぎる 「僕はプレミアのGKとして十分さ」

来季プレミア初挑戦のホープ

現在、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアにはパリ・サンジェルマン移籍の噂が浮上している。現行契約が2020年で満了を迎える彼はクラブからの再三の契約延長オファーを拒否しており、今夏の退団は濃厚と言える状況だ。

デ・ヘア退団となれば、セルヒオ・ロメロが正守護神に昇格することも視野に入る。デ・ヘアの影に隠れていたが、この32歳の実力はマンUのゴールマウスを守らせるに値するだろう。しかしもう1人、マンUの新守護神候補として期待されている男がいる。2018-19シーズン、シェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍していたディーン・ヘンダーソンだ。

ヘンダーソンは今季、チャンピオンシップ(英2部)からプレミアへの昇格を決めたチームの正守護神として46試合に出場し、クリーンシートを21回達成。安定したシュートストップに定評がある上、22歳とまだ若い。デ・ヘアの長期的な後継者としてはうってつけの人材と言えるだろう。そんなヘンダーソンが「来季プレミアのGKになることをどう思うか」という問いに対して次のように答えたことを英『The Sun』が伝えている。

「信じられないことだよ。それは子供の頃から願っていた夢だった。プレミアリーグはいつもテレビで見ていたんだ。来季はその舞台でプレイできるなんて、待ちきれないよ。所属がマンUだろうとシェフィールドだろうと関係なく、僕はプレミアのGKとして十分さ。そのチャンスに値するね。でも僕はマンUでプレイすべきだと自分で思っている。僕は十分優秀だし、たくさんチームを助けることができるだろう。もし、(マンUに)戻れなくてもシェフィールドでプレイできると確信している。そしてその場所で、僕がマンUに必要な存在だと証明してみせるさ」

なんとも強気な発言だ。どうやら、22歳の若者は1年間の武者修行で相当な自信をつけたようだ。とはいえ、彼にとってプレミアは未経験の舞台。シュートの質が格段に上がるだけに、来季は真価を問われる勝負のシーズンとなるだろう。

はたして、ヘンダーソンはプレミアで輝くことができるのか。その自信が慢心に変わらなければいいのだが……。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索