森保ジャパンの心臓・柴崎岳がクラブでもトップフォームへ! 新天地での期待

森保ジャパンの心臓・柴崎岳がクラブでもトップフォームへ! 新天地での期待

ヘタフェで上手くいかなかったと地元メディアは綴る

森保ジャパン発足以降、中盤で絶対的な存在となってきたのがMF柴崎岳だ。今夏のコパ・アメリカでもゲームメイカーとしてフル稼働した柴崎は森保ジャパンの心臓で、その技術は日本のサッカーファンならば誰もが理解している。

しかし、クラブの方では思うようなシーズンを過ごせていなかった。鹿島アントラーズの一員として臨んだクラブワールドカップでレアル・マドリード相手に2ゴールを叩き込み、その活躍から2017年にスペイン2部のテネリフェへ移籍。そこでもハイレベルのパフォーマンスを見せた柴崎は、半年後にスペイン1部のヘタフェと契約を結ぶこととなる。

ここまでは順調だったが、ヘタフェでは思うようにプレイできなかった。柴崎は今夏スペイン2部のデポルティーボ・ラ・コルーニャへの移籍を決めたが、本拠地ア・コルーニャのメディア『Riazor.org』は「ヘタフェの指揮官ホセ・ボルダラスのシステムにフィットしなかった」と伝えている。

バルセロナ戦でGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン相手にスーパーボレーシュートを決めたあたりまでは良い流れだったのだが、同時に柴崎はそのゲームで負傷。波に乗りかけていただけに、ここで流れが止まってしまったのは痛かった。

徐々にポジションが無くなり、今夏にデポルティーボ移籍を決断。同メディアは柴崎がトップフォームを取り戻そうとしていると伝えているが、クラブの方でも再び輝きを放つことはできるのか。これから始まるカタールワールドカップ・アジア2次予選や、仮に東京五輪にオーバーエイジ枠で出場するならばクラブで出場機会は確保しておきたい。新天地での柴崎に注目が集まる。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索