中村憲剛&L・ダミアンが大仕事! 川崎F、チェルシーを好パスワークで撃破

中村憲剛&L・ダミアンが大仕事! 川崎F、チェルシーを好パスワークで撃破

サイド攻撃で活路を見出す

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019が19日に開催され、昨年のJ1リーグを制した川崎フロンターレがチェルシーと対戦した。


試合序盤はボールを保持するフロンターレに対し、チェルシーが[4-4-1-1]の守備ブロックで対抗するという構図に。10分にフロンターレのDF登里が田中からのパスを受けて敵陣左サイドに侵入すると、ペナルティエリア内へクロスを供給。相手DFダビド・ルイスのクリアボールを拾った家長が左足でシュートを放つも、このボールはGKカバジェロの正面に飛んだ。

フロンターレの攻撃のテンポに慣れ始めたチェルシーは、前半10分以降にボールを保持。14分すぎにペドロがジョルジーニョのロングフィードに反応してダイレクトシュートを放つと、17分にもバチュアイがショートカウンターから抜け出し、敵陣ペナルティエリア内で左足を振り抜く。しかしいずれも得点に結びつけることができなかった。

チェルシーに押し込まれる時間が続いたフロンターレも、前半終了間際に反撃。44分すぎに自陣後方からのパスが繋がると、齋藤からのパスを受けた家長が敵陣ペナルティエリア手前でシュートを放つ。しかしこのシュートはGKカバジェロの好セーブに阻まれ、両チーム無得点のまま前半が終了した。

後半開始前、両軍ともに5人の選手交代を敢行。フィールドプレイヤーが大幅に変わったなかで、フロンターレがビッグチャンスを迎える。馬渡和彰の縦パスを受けた知念が54分すぎに敵陣右サイドからアーリークロスを送ると、このボールにL・ダミアンが反応。強烈なヘディングシュートを放ったものの、ボールは惜しくも枠外に逸れた。

その後、フロンターレはチェルシーにボールを保持されたものの、途中出場のGK新井が存在感を発揮。69分には最終ラインの背後に抜け出したケネディのシュートをブロックすると、74分にはジルーの直接フリーキックをセーブ。味方のピンチを救った。

84分、フロンターレの鬼木監督は登里に代えて重鎮MF中村憲剛を投入。この交代が試合終盤に実を結んだ。サイドチェンジのパスを駆使してチェルシーの守備陣を揺さぶっていた86分、自軍のコーナーキックのこぼれ球を拾った中村が左サイドからクロスを送ると、このボールにL・ダミアンがヘディングで合わせ、先制ゴールを挙げた。フロンターレは最終盤に相手のパワープレイに晒されたものの、センターバックの谷口やジェジエウらが体を張り、得点を許さず。フロンターレが強豪チェルシーを相手に流麗なパスワークと堅固な守備を見せつけ、会心の勝利を収めた。

[メンバー]
川崎フロンターレ:チョン(→新井 65)、登里(→中村 84)、ジェジエウ、谷口、守田(→マギーニョ 90+2)、田中(→山村 65)、下田(→長谷川 46)、齋藤(→馬渡 和彰 46)、家長(→知念 46)、阿部(→脇坂 46)、小林(→L・ダミアン 46)

チェルシー:カバジェロ、アロンソ(→エメルソン 46)、ズマ(→クリステンセン 46)、D・ルイス、アスピリクエタ(→ザッパコスタ 46)、ジョルジーニョ(→ドリンクウォーター 56)、コバチッチ(→バカヨコ 56)、マウント(→プリシッチ 65)、ペドロ(→バークリー 46)、ケネディ(→パルマー 71)、バチュアイ(→ジルー 46)

[スコア]
川崎フロンターレ 1-0 チェルシー

[得点者]
川崎フロンターレ:L・ダミアン(86)


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索