ポグバは結局マンU残留? 移籍を全く心配していないスールシャール監督

ポグバは結局マンU残留? 移籍を全く心配していないスールシャール監督

マンUにとって必要不可欠な存在

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、今夏の移籍市場でチームを去ることはないかもしれない。チームの指揮官を務めるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、ポグバについて言及している。

以前からレアル・マドリードや古巣ユヴェントスなど、多くのビッグクラブが興味を示していることに加えて、ファンなどとの関係悪化により、今夏の去就に注目が集まっていたポグバ。本人も移籍をほのめかす発言をしており、退団は避けられないと思われた。しかし、今もなお移籍の噂がなされてはいるものの、プレミアリーグが開幕してもポグバの移籍に関して公式声明を発表するクラブは現れず、マンUの一員として新シーズンを迎えた。そして、チェルシーとの開幕戦でスタメンに抜擢されると、ポグバは自身の置かれた状況に振り回されることなくプロとしての精神を見せ、2アシストを記録。強敵相手の開幕戦で、4-0の快勝に大きく貢献したのだ。

MFながら昨季はチーム内得点王に輝いていたポグバだが、改めてマンUにとって必要な選手であることを証明して見せた。こういった活躍により、同選手の残留を望む声も多々ある。そんな中、スールシャール監督はポグバの残留を疑っていないようだ。英『sky sports』などによると、インタビューで次のように語っている。

「私はポールについて心配していないよ。私が思うに、彼はここにとどまるつもりでいる。彼の『僕はプレイを、チームメイトと一緒にいることを、自分がしていることを楽しんでいるし、自分の仕事を愛している』という言葉は決して変なことではない。彼が言っていることの8割は『僕は試合を楽しんでいる』だ。彼は今、自分の時間を過ごしている」

プレミアリーグの移籍市場は一足先に閉まったものの、まだ他国リーグの市場が開かれているため、退団の可能性は残されているがはたして。ポグバはこのまま今季もマンUのユニフォームを着てプレイすることとなるのか。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索