“アジア最高級”の日本人DF、帰ってきた悪童 ワクワクのセリエA新戦力4名

“アジア最高級”の日本人DF、帰ってきた悪童 ワクワクのセリエA新戦力4名

海外メディアがデ・リフト級に興奮する補強と紹介

今夏アヤックスからユヴェントスに加わったDFマタイス・デ・リフト、マンチェスター・ユナイテッドからインテルに加わったFWロメル・ルカクなど、今夏のセリエAでもいくつかのビッグディールが実現した。彼らが今季どんなパフォーマンスを見せてくれるのかと興奮しているサッカーファンは多いだろう。

そんな中、UAE『SPORT360』は、デ・リフトにも負けず劣らずの興奮する移籍が他にもあると主張する。今回同メディアは独自に注目する4選手をリストアップしているのだが、その中に日本代表DF冨安健洋の名前も入っている。

今夏シント・トロイデンからボローニャへ移籍した冨安は、今年1月のアジアカップでアジアトップレベルのDFであることを証明している。アジアのサッカーファンならば、冨安のセリエ挑戦に思うところがあるはずだ。

「ブレイクする冨安の2019年は衰える兆しを見せない」と同メディアは伝えているが、今年はアジアカップの衝撃に加えてコパ・アメリカでもハイレベルのパフォーマンスを披露するなど大ブレイクの1年となっている。コパ・アメリカも結果は残念だったが、冨安のパフォーマンスには納得できるものがあった。その実力をセリエAの舞台で示す時だ。

ブレシアに加入したFWマリオ・バロテッリもリストアップされている。バロテッリはどこへ行っても話題になるが、今回移籍するブレシアは幼少期を過ごした思い入れのある街だ。得点力は相変わらず高く、意外性No.1ストライカーと言ってもいい。セリエAで成長した姿を見せてくれることに期待がかかる。

他にはインテルがヘルタ・ベルリンから獲得したウイングバックのヴァレンティーノ・ラザロ、ミランがエンポリから獲得したMFイスマエル・ベナセルが挙げられている。

ラザロはルカクの加入で話題が消されたところがあるが、指揮官アントニオ・コンテが3バックで戦う場合は貴重なウイングバックとなる。ベナセルは昨季セリエAでトップとなる312回のボールリカバリーを記録するなど、すでにセリエAで実績を残しているのが大きい。今夏にはアルジェリア代表の一員としてアフリカネーションズカップを制覇しており、大会では77.7%のドリブル成功率を記録するなど実力は十分。ワールドクラスとの評価を得るためのチャレンジが今季よりスタートする。

冨安の注目度も開幕前から高まっているが、アジアを代表するDFとして期待に応えられるのか。王者ユヴェントスに挑戦するナポリ、インテルによる上位争いを含め今季のセリエAにはワクワクが詰まっている。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索