C・ロナウドより良い“36歳”!? 今季のフィオレンティーナは危険だ

C・ロナウドより良い“36歳”!? 今季のフィオレンティーナは危険だ

新オーナーも満足のスコアレスドロー

これが新生フィオレンティーナの実力ということだろうか。今夏に積極的な補強へ動いたフィオレンティーナは、14日に行われたユヴェントス戦をスコアレスドローで終えることに成功した。絶対王者相手に勝ち点1は十分な結果と言えよう。

しかもシュート数はフィオレンティーナが18本に対して、ユヴェントスは8本。ホームのフィオレンティーナが理想とする戦いだったのではないだろうか。

フィオレンティーナといえば今夏よりアメリカ人実業家ロッコ・コンミッソ氏がオーナーとなっており、バイエルンを退団したフランク・リベリや悪童FWケビン・プリンス・ボアテング、チリ代表MFエリック・プルガルなど実力者を次々と獲得してきた。

伊『Calciomercato』によると、コンミッソ氏もユヴェントス相手のスコアレスドローに胸を張る。特にリベリを絶賛しており、ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドより良かったと大絶賛だ。

「非常にハッピーだよ。ビューティフルゲームだった。36歳のリベリを見たかい?彼はロナウドより良かったよ。ユーヴェは3億ユーロの選手を抱えていて、我々は5000万ユーロだ。0-6で負けるものだが、我々は引き分けたんだ」

コンミッソ氏が燃えているのは確実で、今後もセリエAで旋風を巻き起こそうと力を入れてくることだろう。今季はフィオレンティーナが台風の目となるかもしれない。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索