中村敬斗の一発退場は妥当だったのか? ゴール、アシスト、退場の“中村劇場”

中村敬斗の一発退場は妥当だったのか? ゴール、アシスト、退場の“中村劇場”

若さ溢れるタックルに意見は割れる

若さ溢れるプレイと言うべきか、15日に行われたエールディヴィジ第6節フォルトゥナ戦に先発したFCトゥエンテFW中村敬斗は前半だけで1得点1アシスト、さらには一発レッドカードを受ける大暴れぶりを披露した。

まさに良い意味でも悪い意味でも目立った45分間となったわけだが、気になるのはレッドカードの判定だ。相手が右サイドに展開したボールに対し、中村は果敢なスライディングタックルで奪いにかかった。しかし少し勢いがつきすぎたか、中村の足が相手選手に強く入ってしまった。

VARで確認してからのレッドカードとなったが、オランダ『Tubantia』によれば主審のデニス・ヒグレル氏は「低いアングルのカメラで見ると、中村の最初の足がボールにチャレンジできていないことが分かる。彼の足はボールの上を超えて相手の足に当たり、もう一方の足でしかボールを奪っていない」と振り返っている。中村としてはボールへのチャレンジだったのだろうが、危険なプレイと判断されてしまった。

ヒグレル氏の見解を聞くと今回はレッドカードでも仕方がないようにも思えるが、同メディアのアンケート結果はなかなか興味深い。中村のレッドカードが妥当だったかとのアンケートで、60%の人はイエローカードで十分だったと答えている。さらに22%の人はそれほど悪いタックルではないと答えており、レッドカードの判定を支持する人はそれほど多くない。

1ゴール1アシストを決めて波に乗り、その勢いで激しいタックルを仕掛けてしまった格好となったが、サポーターも中村の若さあふれるアグレッシブな姿勢には理解を示してくれるはずだ。今回はアンラッキーな結果となったが、その攻撃的な姿勢が結果に繋がっているのは間違いない。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索