アーセナルの守備崩壊! “欧州5大リーグ中ワースト”の数値も

アーセナルの守備崩壊! “欧州5大リーグ中ワースト”の数値も

布陣の見直しが必要か

2019-2020シーズンのプレミアリーグ第5節が現地時間15日に行われ、アーセナルがワトフォードに2-2で引き分けた。


FWピエール・エメリク・オバメヤンが2ゴールを挙げ、2-0で前半を終えたアーセナル。勝ち点3をほぼ手中に収めたかに思われたが、後半7分すぎに味方GKベルント・レノからのゴールキックを受けたDFソクラティス・パパスタソプーロスが自陣ゴール前で痛恨のパスミスを犯し、これが相手MFトム・クレヴァリーのゴールに直結。その後もワトフォードの猛攻を止められず、後半33分すぎにはDFダビド・ルイスが自陣ペナルティエリア内で相手MFロベルト・ペレイラを倒し、PKを献上。このキックをペレイラ本人に物にされ、アーセナルは今季の同リーグ最下位のワトフォードを相手に勝ち点を取りこぼした。

データサイト『opta』の発表によれば、アーセナルはワトフォード戦で31本のシュートを浴びており、これは同メディアが統計をとり始めた2003-2004シーズン以降のプレミアリーグで歴代最多の数値(1試合中の被シュート数)であるとのこと。また、『opta』のエディターであるダンカン・アレクサンダー氏が、日本時間16日に自身のTwitterアカウントを更新(@oilysailor)。同氏のツイートによれば、アーセナルは今季の国内リーグで既に96本のシュートを浴びており、これは欧州5大リーグに属する全クラブのなかでワーストの数値であるとのことだ(プレミアリーグ、セリエA、リーグ・アン、ブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラ)。

オバメヤンとニコラ・ペペの2トップ、及び司令塔メスト・エジルの計3人を攻め残りさせる[4-3-1-2]の布陣でワトフォード戦に臨んだアーセナルだが、相手がサイドチェンジのパスを効果的に使ってきたことにより、マッテオ・グエンドウジ、グラニト・ジャカ、ダニ・セバージョスの3セントラルMFが疲弊。時間の経過とともにボールホルダーへの寄せや自陣バイタルエリアのスペースを埋める作業が間に合わなくなり、これが大量のシュートを浴びる原因となった。ワトフォード戦では相手の猛攻を食い止めるための一手を打てなかったアーセナルのウナイ・エメリ監督だが、今後同様のケースでは布陣を中盤フラット型の[4-4-2]に変えるなどし、[4-3-1-2]では空きやすくなる自陣のサイドのスペースを埋めるなどの采配が必要になってくるだろう。同監督がいかにアーセナルの守備を立て直すかに注目したいところだ。



関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索